• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

藤田 勝利(ふじた・かつとし)

PROJECT INITIATIVE 株式会社代表取締役 経営教育事業家/コンサルタント

藤田 勝利

1996年上智大学経済学部卒業。住友商事株式会社、アクセンチュア社勤務後、2004年米Claremont Graduate University P.F Drucker Graduate School of Management(通称ドラッカー・スクール)にて経営学修士号取得(成績優秀者表彰)。同校においてピーター・ドラッカー及びその思想を受け継ぐ教授陣よりマネジメント理論全般を学ぶ。
2005年よりIT系ベンチャー企業にてマーケティング責任者、事業開発担当執行役員等を歴任。2010年独立。
次世代経営リーダー育成とコンサルティング/コーチングを融合した独自の「経営教育事業(Management Education Business)」を基軸に、様々なプロジェクトを手がけている。専門は「組織マネジメント」「イノベーション」。
年間延べ2000人以上の経営幹部層、マネジメント層にトレーニングを実施。
http://project-initiative.com

◇主な著書
ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』(日本実業出版) 2013
英語で読み解く ドラッカー『イノベーションと起業家精神』』(Japan Times) 2016

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

今こそ役立つ、ドラッカーの「見方、考え方」

第2回 「生産性を上げる」とはどういうことだろう?

2017年10月13日(金)

 どの会社でも頻繁に使われている「生産性」という言葉。「分かったようで、よく分からない」言葉の代表格かもしれません。ドラッカーが今日ここにいたら、「生産性」についてどう考え、どう語るでしょうか。

 まず、ある企業の先輩社員と後輩社員の居酒屋での会話を見てみましょう。

先輩:会議、外出、資料作成、メール返信、日報・・あっという間に1日が終わるな。

後輩:ほぼ毎日、業務でいっぱいいっぱいの状態ですけど、『充実感』というか『達成感』が何故か感じられないですよね。

先輩:とにかく、生産的でない会議や作業が多すぎるんだよな。

後輩:たしかに。なんでこれやるんだっけ?みたいな作業がどんどん落ちてきますからね。

先輩:マネジメントはそんな状態なのに、『時間をかけるな』『早く帰れ』『生産性を意識しろ』って言うばっかりだし。

後輩:最近、『時間を早く切り上げられれば良い』みたいな風潮すらありますよね。

先輩:生産性っていうけど、結局のところ今の仕事の何が問題で、どう変えていけばいいのか、っていう重要なところが全然共有されていないんだよな。

後輩:ですよね・・。結局、『生産性』って何だと思います?

先輩:ん?

後輩:いや、うちの会社みたいなサービス業で『生産性、生産性』って言われても、なんかしっくり来ないというか。別に工場とかで働いているわけでも、モノを生産しているわけでもないから、『生産性」って言われてもピンと来ていない人ってぶっちゃけ多いと思うんですよ。

先輩:まあ、俺らは営業だから、結局は数字でしょ。どれだけの結果数字を、手間を極力かけずに作っていけるか、が簡単に言うと『生産性』なんじゃない?

後輩:やっぱり結局は、数字なんですかね。でも、うちの兄貴の勤めている会社とかは、数字はなんとか伸ばして前年対比で増収増益を維持しているらしいんですけど、離職率が半端ないみたいです。

先輩:そうなんだ・・。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長