• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

山井 太(やまい・とおる)

スノーピーク社長

山井 太

1959年新潟県三条市生まれ。明治大学を卒業後、外資系商社勤務を経て86年、父が創業したヤマコウに入社。アウトドア用品の開発に着手し、オートキャンプのブランドを築く。96年の社長就任と同時に社名をスノーピークに変更。熱狂的なアウトドア愛好家で毎年30~60泊をキャンプですごす。

◇主な著書
『スノーピーク 「好きなことだけ! 」を仕事にする経営』(日経BP) 2014

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 コンパス(方位磁針)はアウトドアパーソンにとって、なくてはならない道具だ。また経営者にとっても企業にとっても「経営のコンパス」が必要だと考えている。

 こうした点から、改めて「コンパスとはどんな機能を持つか」を考えてみたとき、まず思いつくのは「方角を示す」ことになるだろう。確かに地図とコンパスがあれば、どんな場所や気象条件の中でも、進んでいる方向を知ることができる。

スノーピーク流「経営は野遊びだ!」

社長のためには働くな

2016年9月23日(金)

 スタイリッシュで高性能のキャンプ用品をつくり、熱狂的ファンの多いスノーピーク。社長就任以来、積極的に事業を展開する山井太社長だが、社員や社外の関係者とは、どんな人間関係を築いてきたのか。
(前回の記事はこちら

 2016年3月、スノーピークは、東証一部上場の記念式典を本社がある新潟県三条市で開催した。取引先や地元財界人など300人以上の関係者が足を運び、参加者からは「結婚式のような式典だった」と言われるほどの温かい催しとなった。

 その会場で驚くことが起きた。普段は、まるでロボットのように冷静で感情を一切表に出さない取引先の男性が、壇上で挨拶しながら感極まって涙を流していた。これまで気付かずにいたスノーピークに対する熱い思いを知り、感激もひとしおだった。

 私の周りには、仲間が多いと言われることもある。

 しかし、仕事をする上で、社内外に味方をつくろうとか増やそうとか、一度も考えたことはない。もっと言うと、周囲の人に対して敵や味方という見方をしたことがない。

 ただ、よく考えてみると、私には敵のほうが多いかもしれない。思ったことを、そのまま口にしてしまうからだ。

 例えば、20~30年前、地元で「この街は、安いものばっかり作ってるけれど、高いものを作った方がいいですよ!」と言い続けていた。これは相当角が立った。私を鼻で笑っている人も大勢いた。年配の先輩方からは「お前、そんな高いものばかり作って売れるのか!」と言われ、全く考えが合わなかった。

 分かってもらえなくても、どちらが地域のためになるかと一人考え、私は私なりの発信を続けてきた。

 もし、味方をつくろうなどと思っていたら、そんな言い方はしなかっただろう。

上場の記念式典の冒頭で、集まった関係者たちに挨拶する

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長