• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

楠本 修二郎(くすもと・しゅうじろう)

カフェ・カンパニー株式会社  代表取締役社長

楠本 修二郎

早稲田大学政治経済学部卒業。リクルートコスモスを経て、大前研一事務所入社。平成維新の会事務局長に就任する。2001年現カフェ・カンパニーを設立し、代表取締役社長に就任。“コミュニティの創造”をテーマにおよそ80店舗を運営する他、商業施設等のプロデュースを手掛ける。2010年~2012年に、クール・ジャパン官民有識者会議に民間委員として参加。2011年にクール・ジャパンクリエイティブディレクター事業にてクリエイティブプロデューサーを務めた。現在、2011年6月に発足した一般社団法人「東の食の会」及び、2013年よりスタートした東京発の収穫祭「東京ハーヴェスト」の代表理事を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

今年も仕事始めは、会社メンバーと共に渋谷の金王神社の参拝から。14年前、この神社のすぐ近くのマンションの一室で創業したのですが、事務所が狭かったので打ち合わせはいつも事務所の横の喫茶店で。今年も、お世話になったその店でモーニングを頂きながら、昨年末に店舗をまわった時のスタッフとの会話や笑顔、今年から始まる様々な企みに想いを巡らせてワクワクしていました。社内も社外も関係なく、やはり仕事は「何をやるかよりも誰とやるか」が大事。

このことは「コミュニティの場を創る」という当社の事業だけでなく、何においてもそうだと思っています。そもそもポテンシャルの高い都市であるTOKYOを、名実ともに世界が認めるクリエイティブシティに育てていくために、志を共にする仲間と進めているNeXTOKYO。様々な分野のプロフェッショナルがつながり、グローバルな視点に立った時、次のTOKYOを創るために僕たちは何を発信し、行動するべきなのか。想いを持った人同士がつながることで生まれるポジティブなクリエイティビティが次のTOKYOを創っていくと信じて、進んでいきます。

これからの働き方と仕事の視点

「伊右衛門サロン京都」に学ぶ日本文化の伝え方

2017年5月9日(火)

 このシリーズの最終回の鼎談のテーマは「日本文化」。お招きしたのは、日本人が昔から飲み続けてきた「お茶」を新たなスタイルで企画開発、数々の記録を塗り替え、大ヒット商品となったサントリーの緑茶飲料「伊右衛門」の開発プロジェクトリーダー沖中直人氏(サントリー食品インターナショナル 執行役員)。そして、もう1人が「モノより思い出」といった名コピーで知られ、伊右衛門のCMをはじめ、数々のヒットCMを手掛けてきたクリエイティブディレクター小西利行氏。

 本稿の筆者である楠本修二郎も含め、この3人が携わった「伊右衛門サロン京都」の開発話を中心に、日本文化の発信、伝え方のデザインを考える。

(連載 第1回第2回第3回第4回第5回 から読む)

左から、筆者(楠本修二郎)、サントリー食品インターナショナル執行役員の沖中直人氏、コピーライターの小西利行氏。(写真:的野弘路)

楠本:サントリーの緑茶飲料「伊右衛門」をコンセプトにした京都の和カフェ「伊右衛門サロン京都」の立ち上げには、僕も小西さんも参画させて頂きました。振り返ってみると、2008年にオープンしたこの店舗の開発をしてから、自分の中でも「なぜ自分がカフェをやるのか」「コンセプトをどう練り上げていくのか」などといった手法が明確に整理された気がしているんです。

 今回は、この開発の経緯を振り返ることで、カフェのつくり方、日本文化の伝え方についても話せればいいなと考えています。

 まず、このプロジェクトの成り立ち、経緯を紹介したいんですが、そもそも、沖中さんが伊右衛門サロン京都を創ろうと思ったきっかけは何だったんですか?

大ヒットした「伊右衛門」、次は海外進出かカフェだとの思い

沖中:伊右衛門サロン京都ができたのは、2008年。そのさらに4年前の2004年に、緑茶飲料「伊右衛門」が発売になりました。お陰様でお客様の支持を受けて、本格緑茶のポジションを獲得することができました。「さて、次はどうしようか?」といろいろと考えているうちに、2つのアイデアが浮かびました。

 一つは海を渡って、アメリカに行くこと。そしてもう一つが、人と人をつなぐお茶(日本茶)が真ん中にあるカフェを創ろうということ。

 そして、この考え方のベースにあったのが、「お茶は生活文化をデザインすることができる」という岡倉天心の『茶の本 The book of tea』でした。

 当初、ブランドの開発も一緒にやってきた博報堂さんチームに相談しましたが、できてきたプランを見て、「これは、プロモーション・ショップだな」と思いました。ビジネスとしてのリアリティをまったく感じなかったんです。そこで、博報堂さんに、「今、東京でカフェをやっている会社で『コレは!』と思う会社を3社ピックアップしてほしい」とお願いしました。そこで最初にピックアップされていたのが、カフェ・カンパニーさんだったんです。

沖中直人(おきなか・なおと)氏
サントリー食品インターナショナル 執行役員
1968年生まれ。兵庫県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒。1991年、サントリー(現サントリーホールディングス)に入社。資材部を経て1996年に食品事業部に異動。無糖茶飲料のブランドマネジメントおよび新製品開発を担当する。2004年に発売した「伊右衛門」の開発でチームリーダーを務め、大ヒット&ロングセラー化実現の立役者となる。2008年、京都に「伊右衛門サロン京都」を開業させるなど数々のブランドビジネスを展開。現在は、サントリー食品インターナショナルの執行役員 食品事業本部 ブランド開発第一事業部長。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏