• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ペダルをこぎ始めたビジネスマン

2006年10月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ここ数年、中高年を中心に自転車が売れているという。健康のために手軽に運動ができる方法としてサイクリングが注目されているからだ。身体に合ったフレームや、軽量で高性能のパーツにこだわり、100万円近くもする超高級自転車を何台も買うビジネスパーソンも多いというから驚く。

サイクリングというと休日のものと思いがちだが、最近はそうでもないようだ。

東京都内を中心に11店舗を運営するワイ・インターナショナル(埼玉県志木市)の赤坂溜池店「ワイズ・バイク・アカデミー」で店長を務める浦山忠之氏によると、「自転車通勤を目的に相談に来る方も多い」という。会社までの距離が「10キロ前後なら、無理なく自転車通勤を始められる」(浦山店長)というから、満員電車にもまれて疲れることもなく、健康にも良いだろうし、自転車通勤に踏み切る人が多いのも頷ける。

天気の良い日は自転車で、雨の日は電車でというのが、こういった“ペダルをこぐビジネスパーソン”のパターンらしい。駐車違反に対する取り締まりが厳しくなって、自転車が走りやすくなっているという面もある。

さて、一口に自転車といっても、実に様々な種類がある。軽量で細いタイヤを履くロードレーサーから、簡単に小さく折りたためるタイプのものまで。ワイズ・バイク・アカデミーでは、10万円以下のものが売れ筋というが、これだけ種類があると何に気をつけて選べばよいのだろう。

今回は、自身が通勤のため駅まで毎日自転車を利用しているという酒井栄子が、自分に合った自転車選びのポイントを取材した。

■ワイ・インターナショナルのウェブサイト http://www.jitensya.co.jp/y/index.html

※下記の再生ボタンでご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから
(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)

また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。

「酒井栄子のトレンド見つけ隊」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長