• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アメリカ
萎える超大国

2007年2月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2007年2月26日号

 今回は最終回スペシャルということで、前後編の2回に分けて、2週にわたってお送りします。

 最新号の特集は「アメリカ 萎える超大国」と題して、覇権国家である米国が見せる斜陽の顔を紹介します。住宅バブルを乗り切り、景気後退の危機も遠のいたことで、この国の圧倒的なパワーはいまだ健在であるかに見えます。しかし、本当の危機は短期的な経済動向からは読めません。モノ作りの力が低下し、IT(情報技術)産業すら勢いが失せている米国の現状について、編集長が本誌記事に触れながら深掘りします。

 そのほか、第2特集から。今週号から始まった新連載「先んずべし トヨタ、『世界最強』への格闘」を紹介します。2006年、生産台数で静かに世界一となったトヨタ自動車――。日経ビジネスの計算では生産台数で事実上、米ゼネラル・モーターズ(GM)を追い抜いています。質量ともに世界最強の自動車会社となるトヨタの次なる戦略について、編集長が独自の視点で語ります。

 リーダーの研究からは、「上質な日本をもう一度」と題して、京セラ名誉会長である稲盛和夫氏のインタビューを取り上げます。景気が良くなっても、なぜ不祥事や凶悪な犯罪が後を絶たないのか。慢心や欲望が蔓延する日本人の心を憂う稲盛氏が語る「上質」とは何か、編集長が熱く語ります。

コメント11件コメント/レビュー

編集長、薬師神さん、おはようございます。昨年、大殺界ド真ん中で離婚した、某地方銀行40歳です。(今じゃスッキリ吹っ切れてますよ~!!!)その節は、スタジオを凍らせてしまい誠に申し訳ありませんでした。自分としては、同情や哀れみを請う気持ちは、全く無く、あの時も、もちろん今もです。でも、編集長のお言葉『命までは取られない。』を、ありがたく胸に刻んで頑張ってます。今日は、報告です。私くし、昨日の2/28をもって、17年勤めてきた銀行を退職、あの時もお話してた、自分の夢に向かって、いよいよ走り出す決心をしました。この半年、色々悩み続けての決断です。そして、そんな自分を支えてくれたのは、POTCASTを通じて伝わる編集長のお人柄であり、番組のヒューマニズムであったことは、言うまでもありません。本当に有難うございました。もちろん、定期購読始めますよ~!(無事、社会復帰してからですが。。。)夢は、どんなに遠い将来でも、編集長に取材してもらえるような、根っこにヒュウマニズムが満ち溢れる、ピカピカの会社を作ることです。その時は是非是非お願いしますね。では、またの報告を楽しみに待っていてください。PS:磯さんの、『はじめの一歩』いい曲ですね。(2007/03/01)

「日経ビジネス編集長の終わらない話 2.0」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

編集長、薬師神さん、おはようございます。昨年、大殺界ド真ん中で離婚した、某地方銀行40歳です。(今じゃスッキリ吹っ切れてますよ~!!!)その節は、スタジオを凍らせてしまい誠に申し訳ありませんでした。自分としては、同情や哀れみを請う気持ちは、全く無く、あの時も、もちろん今もです。でも、編集長のお言葉『命までは取られない。』を、ありがたく胸に刻んで頑張ってます。今日は、報告です。私くし、昨日の2/28をもって、17年勤めてきた銀行を退職、あの時もお話してた、自分の夢に向かって、いよいよ走り出す決心をしました。この半年、色々悩み続けての決断です。そして、そんな自分を支えてくれたのは、POTCASTを通じて伝わる編集長のお人柄であり、番組のヒューマニズムであったことは、言うまでもありません。本当に有難うございました。もちろん、定期購読始めますよ~!(無事、社会復帰してからですが。。。)夢は、どんなに遠い将来でも、編集長に取材してもらえるような、根っこにヒュウマニズムが満ち溢れる、ピカピカの会社を作ることです。その時は是非是非お願いしますね。では、またの報告を楽しみに待っていてください。PS:磯さんの、『はじめの一歩』いい曲ですね。(2007/03/01)

井上編集長、薬師神さん韓国からのリスナーです。このPodcastに接する前まではエコノミスト誌とBusinessWeekを通じ海外のビジネストレンドの勉強としていましたが、日経ビジネスを読み始めるようになり、視野が一段と広がったと思います。投資をメインとする弊社は(私が日経ビジネスを読み始めたのがきっかけに)日本に駐在員事務所を開くことにしました。日韓関係となるとすぐ歴史の問題などで視界が遮られてしまうのですが、互いに直面する問題も多く、これらの問題に対し、まだ韓国内では聞かれない見方や経験談などを日経ビジネスを通じ(そして編集長の声を通じ)勉強させて頂き本当に幸せでした。有難うございました。(2007/02/28)

編集長の熱い思いの入った語り、薬師神さんの鋭くお茶目な切り返し、この二人のコンビはPodcastという枠を超え、これまで何十年見聞きしたテレビ番組のニュース番組やラジオの番組と比べてもダントツの一番の番組です。テレビ・ラジオでもこんなに楽しみな番組はここ数十年ありませんでしたもの。とてももったいないなと思います。しかし、井上編集長の実力は語りだけではなく、ジャーナリストとして、そして組織のリーダーとしての手腕を買われて日経新聞社に戻られるのですから、これはサラリーマンとして祝福しなければならないと思います。井上編集長おめでとうございます。でもやっぱりこのまま終わってほしくない、そんな思いからダメモトでお願いを書かせていただきます。日経新聞に戻られても、なんらかの形で読者とコミュニケーションを持てる場をまた作ってください。Podcastもいいですし、井上編集長だったらラジオ日経の番組も持てるし、テレビに出てもゼンゼンおかしくないと思います。内容が日経ビジネス本誌から直接のかかわりがなくなるかもしれませんが、日本の企業、仕事人に対する井上編集長の思いが変わらないのであればきっと素晴らしい発信ができると思います。PodcastとかCS放送でやられるのであれば、私はお金払ってでも聞きます。2.そのような場を持たれるのであれば、ぜひぜひ薬師神さんとの番組にしていただきたいと思います。このコンビの解消は日本のジャーナリズムにとって大きな損失です。3.いろんな事情で井上編集長がしばらくは番組が持てないのであれば、まず薬師神さんからでも番組を持っていただければと思います。たとえば、薬師神さんがメインキャスターで日経ビジネスさんの編集者の方に順番に出ていただくという形でも、番組は成立すると思います。あと、おまけのお願いですが、もしよろしければコミュニティの呑み会にゲストとして出席いただけませんか。もちろん奢りますよ。いろいろと長文申し訳ありませんでした。mixiの日経ビジネスオンラインのコミュニティの管理人のPowerBalladeでした。(2007/02/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授