• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

製造業の進化形 コマツが究める 「理と利」経営、世界を深耕

  • 佐藤 吉哉

バックナンバー

2007年6月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 週刊経済誌、日経ビジネスがお届けするインターネット放送「編集長のここだけの話」。日経ビジネス編集長の佐藤吉哉とラジオNIKKEIの薬師神美穂子キャスターが、毎週金曜日の配信でご案内します。

2007年6月4日号

 梅雨の季節になると、線路沿いに咲いているのをよく見かけるアジサイの花。その謎と意外な役割りについて、佐藤編集長がリスナーにこっそり教えます。詳しくは番組後半で。

 今回は、建設事業で高度な事業モデルを築き上げたコマツに焦点を当てた特集をはじめ、松下電器の新戦略などの記事をご紹介します。

 リスナーからの投稿にお答えする「往復書簡2.0」では、特別編集版に関する読者からの素朴な疑問をご紹介します。

今回ピックアップする主な記事は、

・特集「製造業の進化形 コマツが究める 『理と利』経営、世界を深耕」
・企業研究「松下電器産業 スクープ 動き出した成長路線 液晶37型、夏にも投入」
・第2特集「環境技術大国 ニッポンの危機 膨大市場に世界の企業が突進」
・時流超流「緊急分析 政治とカネ、年金記録漏れ… 安倍政権に激震 参院選後を読む」

 リスナーの方々との双方向コミュニケーションのコーナー「往復書簡2.0」では、本誌へのご意見から編集長へのご質問など、引き続き皆様からの投稿を受け付けています。また、往復書簡2.0の特別企画「ちょっといい話」についても、引き続き募集しております。

コメント8件コメント/レビュー

皆々様、こんばんわ。(私は夜聴いていますので。)無事本を頂戴し、編集長の達筆の一言に感激している若葉です。赤ペン先生でありながら、筆ペン先生でもあったのですね。GWの代休を取り2週続けての拝聴となりましたがとても面白かったです。前回の悩み相談室の回答といい、今回の迫り来る感のある特集の告知、そして別冊同梱云々等、殻を脱ぎつつ…というか皮が剥けつつ…というか現場の楽しい雰囲気が満載で良かったですよ~。特に「悩み相談室」は編集長の新たな一面を見るようで、又、周辺の絶妙なつっこみも威力を発揮し、この番組上【欠かしてはいけない!的コーナー】だと思いますので、是非、薬師神さんのお力で存続させて下さいね。ここ数日某国にて、(結果的には、前向きな気持ちで)「生きるって何でしょう?」というような根本的な事を考える日々でした。個人的には意識していないのですが、やはり一定の枠内に長期滞在すると(たまには違った環境に身をおかないと)偏った見方をしているのかも。【勝手に特派員(補)】を気取りたい気満々だったのですが、、、まぁ、思い込みだけで。では、頂戴した本はゆっくり拝読させて頂きます。こちらの紫陽花は未だ花(萼)をつけておりませんが開花(開萼?)したら編集長の言葉を想いおこしてみましょう。ごきげんよろしゅう。(2007/06/07)

「編集長のここだけの話」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

皆々様、こんばんわ。(私は夜聴いていますので。)無事本を頂戴し、編集長の達筆の一言に感激している若葉です。赤ペン先生でありながら、筆ペン先生でもあったのですね。GWの代休を取り2週続けての拝聴となりましたがとても面白かったです。前回の悩み相談室の回答といい、今回の迫り来る感のある特集の告知、そして別冊同梱云々等、殻を脱ぎつつ…というか皮が剥けつつ…というか現場の楽しい雰囲気が満載で良かったですよ~。特に「悩み相談室」は編集長の新たな一面を見るようで、又、周辺の絶妙なつっこみも威力を発揮し、この番組上【欠かしてはいけない!的コーナー】だと思いますので、是非、薬師神さんのお力で存続させて下さいね。ここ数日某国にて、(結果的には、前向きな気持ちで)「生きるって何でしょう?」というような根本的な事を考える日々でした。個人的には意識していないのですが、やはり一定の枠内に長期滞在すると(たまには違った環境に身をおかないと)偏った見方をしているのかも。【勝手に特派員(補)】を気取りたい気満々だったのですが、、、まぁ、思い込みだけで。では、頂戴した本はゆっくり拝読させて頂きます。こちらの紫陽花は未だ花(萼)をつけておりませんが開花(開萼?)したら編集長の言葉を想いおこしてみましょう。ごきげんよろしゅう。(2007/06/07)

佐藤編集長、薬師神さんこんばんわ。NYCから、まきまき最後のメールです!今日、ブルックリンハイツプロムナードのベンチに腰掛けて、ようやく頂いた本を読み切りました。誰もが、色んな悩みを抱えて生きているんですね。自分の置かれた環境なんか、まだまだ甘いんだなと痛感させられました。そして皆さんに共通しているのは、結果はどうあれ、とにかく、ただひたすら前を向いて走ることだったように思います。そして、この国の強さも、同じように誰しもが前に向かって走っているからのように見えました。まだ僅かに自分の心のどこかに残っていた甘えが、吹っ切れたような気がします。もう過去は語るまい。自分にとって働くこととは、これからの人生を、自分らしく、前を向いて走りぬくことそのものと確信しました。人生の一大転換期に、いい旅、いい出会いに巡り合えたことに、深く感謝いたします。(2007/06/06)

 特集のコマツは、成熟する建機業界において、卓越したシステムと経営陣が思い切った手を打つことで、遠隔地や中国など見えない国でもちゃんと利益を取っている姿に勇気付けられました。昨今はキャタピラ履いてる兵器ですら「退却する」のが流行りのようですが、この建機メーカーは、風評に惑わされず仮説・検証に基づく攻めに徹しています。「色々工夫して世界の市場を正面から取りにいけ」という編集者のメッセージがちゃんと伝わってきました。ということで汐留男の折り句短歌によるウェブポップも、池津権太さんとの「歌合せ」を正面から受けて立ちます。今週の一首は全体の隠しテーマ「とりにいけ」で。「遠い国で、利益出すため、ニーズ知り、一気に攻めるが、経営の肝」。汐留男でした。(…こっちも半年間さぼらず投稿し続けてますので、毎回容赦なく良いほうに「座布団一枚」と勝敗つけてくださいね)(2007/06/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長