• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

王子とニート 若者を浪費する日本社会

  • 佐藤 吉哉

バックナンバー

2007年8月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

週刊経済誌、日経ビジネスがお届けするインターネット放送「編集長のここだけの話」。日経ビジネス編集長の佐藤吉哉とラジオNIKKEIの薬師神美穂子キャスターが、毎週金曜日の配信でご案内します。

2007年8月6日・13日合併号
再生はこちら

 いつもは編集部の会議室で収録している「ここだけの話」。今回は会社を抜け出して、初めて本格的なスタジオで収録することになりました。佐藤編集長の反応はいかに。詳しくは番組の前半をお聞きください。

 今回は、自民党が歴史的な大敗を喫した参院選の裏側に迫った緊急特集や、職探しもせず学校にも通っていない「ニート」に焦点を当てた第2特集の記事などをご紹介します。

 リスナーからの投稿にお答えする「往復書簡2.0」では、7月30日号の表紙「お金の折り紙」に関する読者からの質問などにお答えします。また、前回お休みした歌合わせも。詳しくは番組をお聴き下さい。

今回ピックアップする主な記事は、

・緊急特集「安倍惨敗 小沢大勝 それぞれの小泉シンドローム」
・特集「王子とニート 若者を消費する日本社会」
・第2特集「家電量販の『品格』 孤独な最大手、ヤマダ電機の猛進」
・リポート「合併号特別企画 産業史を知る旅 夏に行きたい産業遺産
トヨタ、住友、夕張…発展の歩み実感」

 リスナーの方々との双方向コミュニケーションのコーナー「往復書簡2.0」では、本誌へのご意見から編集長へのご質問など、引き続き皆様からの投稿を受け付けています。また、夏休み 特別企画として募集した「この夏見つけたちょっといい話」と「この夏やりたいここだけの話」も引き続き募集します。

※8月10日配信分の放送は、本誌と併せてお休みになりますのであらかじめご了承ください。

コメント5件コメント/レビュー

今週は何を書いても巨大掲示板あたりで「謝れ!」と書き込まれそうなので多くは語りません。ただマスコミはどちらの側に対しても「売らんかな」でなく、節度ある報道をして欲しいですね。この問題の根がどこにあるのか、さらなる掘り下げに期待します。 今の企業の好業績はプロ野球でいうと目先の勝ちのために子育て世代の現役をすりつぶし、若手も使い捨てで育てない「サステナビリティなき焼畑経営」ではないでしょうか。勤労者に広がる少子化と見えざる貧困について財界や政界に、ぜひ反論取材をお願いします。 ということで今週も交流戦で折り句川柳を2句。特集の「王子とニート」で。おうじ「おだて上げ、売れたら後は、じき落とす」 にいと「煮え湯飲み、怒りの矛先、とり違え」(祖父も母もホトトギス同人なのに17文字の苦手な汐留男でした。)(2007/08/15)

オススメ情報

「編集長のここだけの話」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今週は何を書いても巨大掲示板あたりで「謝れ!」と書き込まれそうなので多くは語りません。ただマスコミはどちらの側に対しても「売らんかな」でなく、節度ある報道をして欲しいですね。この問題の根がどこにあるのか、さらなる掘り下げに期待します。 今の企業の好業績はプロ野球でいうと目先の勝ちのために子育て世代の現役をすりつぶし、若手も使い捨てで育てない「サステナビリティなき焼畑経営」ではないでしょうか。勤労者に広がる少子化と見えざる貧困について財界や政界に、ぜひ反論取材をお願いします。 ということで今週も交流戦で折り句川柳を2句。特集の「王子とニート」で。おうじ「おだて上げ、売れたら後は、じき落とす」 にいと「煮え湯飲み、怒りの矛先、とり違え」(祖父も母もホトトギス同人なのに17文字の苦手な汐留男でした。)(2007/08/15)

こんばんは、関西の8です。今朝、某局の番組を見てたら、我が目を疑いました。まさか、コメンテーターに佐藤吉哉編集長が出演されていたなんて。驚きました。盆の最中、お疲れ様でした。前回投稿する際に記述し忘れていたのですが、特集「成熟国型インフレがやってくる」のP30~33にあるお札の福沢さんが泣いているように見えたんですが、錯覚ではないですよね?泣いていますよね?さて、先週号の最後のページの終わらない話ですが、最後の言葉はすごく考えさせられる言葉のように感じました。平常心の本当の意味・教育の今の状況を示した言葉、どれもニートや切れやすい人を生まない為に必要な言葉の一つのような気がしました。今現在の自分の状況などを察知し、それにどう対応していくのか。それを考えてみましょうという言葉に聞こえました。来週には最後の2次面接が控えています。平常心を保てるように挑んできます。(結果は10月上旬です…先は長いです…)(2007/08/14)

【 池津権太のビジネス川柳 】世の中で一握り、メディアに持ち上げられる王子たち一句、贈ります。「王子様 このままいけば バカ殿か?」 インタビューに「今日の笑顔どうでしたか?」と答えた王子がいましたが、これは大いなる勘違いですよね! カラ元気がなくなってきてバテ気味の池津権太でした。 みなさまご自愛ください!(2007/08/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

平等であることは人権でもあり、ビジネスの成功のカギでもある。

ヘレン・フォン・ライス イケア・ジャパン社長