• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

製造業の縮図 ゼネコン 現場力を取り戻せ

  • 佐藤 吉哉

バックナンバー

2007年8月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 週刊経済誌、日経ビジネスがお届けするインターネット放送「編集長のここだけの話」。日経ビジネス編集長の佐藤吉哉とラジオNIKKEIの薬師神美穂子キャスターが、毎週金曜日の配信でご案内します。

2007年8月20日号

 世間はお盆まっただ中でもフル稼働の日経ビジネス編集部。ポッドキャストのチームも編集部員の慰労を兼ねた暑気払いの会場に乗り込んでしまいました。番組始まって以来の海上ロケに、薬師神キャスターは大はしゃぎです。

 今回は、生き残りを懸けて奮闘する地方の中堅ゼネコンに焦点を当てた特集や、家具販売の大手であるニトリの強さの秘密に迫った企業研究の記事などをご紹介します。

 リスナーからの投稿にお答えする「往復書簡2.0」では、夏休み特別企画「この夏見つけたちょっといい話スペシャル」をお届けします。また、薬師神キャスターがこの番組に登場してから1周年を祝した読者からの投稿をご紹介します。さらに、プレゼント企画の当選者の発表も。詳しくは番組をお聞き下さい。

今回ピックアップする主な記事は、

・特集「製造業の縮図 ゼネコン 現場力を取り戻せ」
・連載「中国辺境 "裏玄関"から見た膨張経済 第3回ロシア国境」
・企業研究「ニトリ」

 リスナーの方々との双方向コミュニケーションのコーナー「往復書簡2.0」では、本誌へのご意見から編集長へのご質問など、引き続き皆様からの投稿を受け付けています。

コメント12件コメント/レビュー

前略 今週の「往復書簡」に拍手を送りたいと思います。 あえて貴誌への批判をとりあげ、編集長が真正面から回答をなさっていた点が大きく評価できると思います。耳障りのする意見に蓋をかぶせることなく主題として取り上げ、かつ、批判の対象となった方の立場からの反論を述べることは、読者・発行者の双方に新たな考え方をもたらすことになります。批判をされた方は、反論を聞くことによって新たな考え方が生まれる可能性があるし、批判を受けた方は批判を受け止めることで新たな考え方が生じる可能性があります。(これをサーキュラーレスポンス(円環的対応)と呼ぶのだと思います。)この双方の建設的な対応が、双方のよりよい関係を築いていくことにつながると思います。 このことは、いっけん、当然のことのようですが、実践している会社はあまり見当たりません。その一方で、日本のビジネス誌を代表する貴誌は、誌面だけでなく、自ら作成する番組の改善について範を垂れておられると感じました。 とりとめのないコメントですが、久々にすがすがしい思いをさせていただきましたため、送信させていただきます。栃木県鹿沼市 六角(ろっかく)(2007/08/24)

「編集長のここだけの話」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

前略 今週の「往復書簡」に拍手を送りたいと思います。 あえて貴誌への批判をとりあげ、編集長が真正面から回答をなさっていた点が大きく評価できると思います。耳障りのする意見に蓋をかぶせることなく主題として取り上げ、かつ、批判の対象となった方の立場からの反論を述べることは、読者・発行者の双方に新たな考え方をもたらすことになります。批判をされた方は、反論を聞くことによって新たな考え方が生まれる可能性があるし、批判を受けた方は批判を受け止めることで新たな考え方が生じる可能性があります。(これをサーキュラーレスポンス(円環的対応)と呼ぶのだと思います。)この双方の建設的な対応が、双方のよりよい関係を築いていくことにつながると思います。 このことは、いっけん、当然のことのようですが、実践している会社はあまり見当たりません。その一方で、日本のビジネス誌を代表する貴誌は、誌面だけでなく、自ら作成する番組の改善について範を垂れておられると感じました。 とりとめのないコメントですが、久々にすがすがしい思いをさせていただきましたため、送信させていただきます。栃木県鹿沼市 六角(ろっかく)(2007/08/24)

編集長、薬師神さん、チームここだけの話のみなさんこんにちは。屋形船に乗ったことの無い、まあちです。屋形船楽しそうで良かったですね。雰囲気もよくて、たまにはこういう放送も楽しいです。普段表に出てこない記者さんたちの声も入っていて、新鮮でした。ところで、私のこの夏のイベントは、「親に結婚する話をした」ことと「結婚式場を決めた」ことでしょうか。しかし、いろいろともめてしまっているので、きちんと来年に挙式できるか、自信がなくなりつつあります。にっちもさっちもいかなくなったら、また編集長に相談させてください。よろしくお願いします。(2007/08/22)

みなさま、こんばんは。 ■今週号の「心と体 診察室」を読んでびっくりしました。あまりにタイムリー。私も数ヶ月前に、ここで紹介されているモデルケースそのままの経過で喘息を発症してしまったのです。 ■小児喘息の既往はなし。なんでこの歳で今さら喘息に・・・と思っていましたが、大人になってから(中高年で、とは決して言わない)発症する人も多いんですね。 ■なんとなく勇気付けられた、というのもおかしいですが、記事にある通り自己診断を避けて服薬を続け、再発しないよう気をつけたいと思います。 ■毎号思わぬところに気づきのある雑誌、これからも幅広い話題をお願いいたします。 ■ネコロンボおやじでした。(2007/08/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長