• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

環境に優しい未来の車、
水素エンジンカー試乗リポート

  • 酒井 栄子

バックナンバー

2007年8月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない究極のエコカー・水素自動車が、一般道での試験走行を始めた。独BMWが世界初の量産型水素エンジン自動車として開発した水素カー「Hydrogen7(ハイドロジェン・セブン」を走らせたもので、このほど東京都内の公道で試験走行を公開した。

 水素カーの魅力は、ガソリンの代わりに液体水素を燃焼させて動力を得るため、燃焼時にCO2を排出しないことだ。加えて、従来型エンジンの車とほぼ同じ部品を使える点もメリットだ。

 BMWはこの水素エンジン自動車をすでに100台生産し、ドイツ政府や欧州委員会の公用車としてリース販売している。日本での水素自動車は、マツダの「RX―8ハイドロジェンRE」が今年に入り経済産業省の公用車として1台導入されている。

 石油依存度を減らし、温暖化対策にもうってつけの水素カーだが、実用化への道のりはまだ遠い。走行距離が短いなどの技術的課題が残されている。それ以上に、ガソリンスタンドならぬ「水素スタンド」を街中に設置するといったインフラ問題を解決しなければならない。

 実用化は先の話だが、究極のエコカー目指して都内の公道を走る水素カーを実際に運転して、夢の自動車の走り心地を体験してみた。また、日経ビジネスの自動車担当、伊藤暢人記者が水素カー実用化への課題を解説する。

※下記の再生ボタンでご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから
(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)

また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。

コメント0

「酒井栄子のトレンド見つけ隊」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長