• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

着実かつ誠実な環境対策で「技術の日産」の復権を目指す

日産自動車 最高執行責任者(COO) 志賀 俊之氏

2007年10月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 環境配慮やCSR(企業の社会的責任)の企業経営における位置づけが大きく変わろうとしている。いまや地球環境保全は世界が共有する価値観となり、国際社会全体で目指す目標となった。そして市場や消費者にも変化が始まっている。

 グローバルにビジネスを展開する日本企業のなかには、そうした変化を読み、環境配慮やCSRを世界規模での企業価値構築や商品・サービスの付加価値の中核要素と位置づける経営者が増えている。

 このコラムでは、フォーラム参加の企業トップ自身に、企業経営の柱になった環境配慮やCSRを経営戦略として語ってもらうことで、これからの企業に求められる新しい“強さ”を探っていく。

 第1回は、日産自動車の最高執行責任者(COO)の志賀俊之氏に、同社が目指す環境経営について、日経ビジネスオンライン編集長の川嶋諭が聞いた。日産は環境対策のマイルストーンとして「ニッサン・グリーンプログラム 2010」を発表、この中で新車のCO2排出量を2050年までに2000年比で70%削減という長期目標を掲げている。

 この実現に向けてガソリンエンジンの燃費向上に加え、来年の2008年にも日本市場への提供を目指すクリーンディーゼルを皮切りに、ハイブリッド車、燃料電池車、電気自動車などの開発も強化する。

掲載記事はこちら

※下記の再生ボタンでご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから

(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)

また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。

「NBOインタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授