• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

目指せグローバルNo.1 トヨタとGE
100年革新・強さに溺れない経営

  • 佐藤 吉哉

バックナンバー

2008年1月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 週刊経済誌、日経ビジネスがお届けするインターネット放送「編集長のここだけの話」。日経ビジネス編集長の佐藤吉哉とラジオNIKKEIの薬師神美穂子キャスターが、毎週金曜日の配信でご案内します。

2008年1月7日新年特大号

 日経ビジネスポッドキャストのリスナーの皆様、あけましておめでとうございます。昨年に引き続き、本年も「編集長のここだけの話」をよろしくお願いいたします。

 今回は、日米を代表するグローバル企業のトヨタ自動車とゼネラル・エレクトリックに焦点を当てた特集や、サッカー日本代表監督に復帰した岡田武史氏とラグビー界の論客である平尾誠二氏による新年特別対談などをご紹介します。

 リスナーからの投稿にお答えする「往復書簡2.0」では、12月24・31日合併号の「パチンコ大異変」特集に関する感想をご紹介。また、ドキュメント告白「汚された暖簾」に関する読者からのご意見も紹介します。詳しくは番組をお聴き下さい。

今回ピックアップする主な記事は、

・特集「目指せグローバルNo.1 トヨタとGE 100年革新・強さに溺れない経営」
・第2特集 「激流・投資マネー 崩落するドルバブル 金融不安も超え、『巨魁』がうねる」
・新年特別対談「世界をあっと言わせてみせる 岡田武史氏(サッカー日本代表監督)
平尾誠二氏(神戸製鋼所ラグビー部 GM兼総監督)」

 リスナーの方々との双方向コミュニケーションのコーナー「往復書簡2.0」では、本誌へのご意見から編集長へのご質問など、引き続き皆様からの投稿を受け付けています。往復書簡2.0の特別企画「ちょっといい話」についても、引き続き募集しております。

※AACオーディオに対応したリストはこちら

コメント5件コメント/レビュー

佐藤編集長、薬師神さん、そしてスタッフの皆さん初めまして。秋田の「ヤユー」といいます。去年の年末から聞き始めたのですが、高校生の自分でもとても理解しやすいような内容で、ますます経済のことが好きなりました。元々、あまり経済に関して興味は持っていなかったのですが、元々、スポーツファンだったのですが(特に野球やサッカーなのですが)、恥ずかしながら、某ホリエモンが球団買収などの騒動時にそのニュースがおもしろく思い、その頃からそれまで見向きもしなかった新聞の経済面を見るようになりました。特に自分はM&Aに関することに興味を持つようになり、今では新聞でも検索サイトのニュースを見るにしても、まず経済面をチェックしてからスポーツ面を見るようになってしまう程、経済のことが好きになりました。もう少し早く経済に興味を持っていれば、MBA取得までとは言いませんが、どこかの大学の経済学部に進学できたかもしてませんが、いかんせん自分の学がないため、記者やライターなどという面で経済に関わることができないものかと考え、編集者やライターの勉強ができる専門学校に進学することを決め、無事合格することが来ました。そこでなのですが、佐藤編集長。やはり大学を出なければ日経BP社や他の経済関係の雑誌社などに就職は厳しいのでしょうか??他のリスナーさんにはあまり興味のないことだとは思いますが、できることなら教えていただけると幸いです。長文乱筆失礼しました。これからも毎週楽しみに聴かせてもらいたいと思いますし、時々投稿させてもらいますので、その時はよろしくお願いします。(2008/01/09)

「編集長のここだけの話」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

佐藤編集長、薬師神さん、そしてスタッフの皆さん初めまして。秋田の「ヤユー」といいます。去年の年末から聞き始めたのですが、高校生の自分でもとても理解しやすいような内容で、ますます経済のことが好きなりました。元々、あまり経済に関して興味は持っていなかったのですが、元々、スポーツファンだったのですが(特に野球やサッカーなのですが)、恥ずかしながら、某ホリエモンが球団買収などの騒動時にそのニュースがおもしろく思い、その頃からそれまで見向きもしなかった新聞の経済面を見るようになりました。特に自分はM&Aに関することに興味を持つようになり、今では新聞でも検索サイトのニュースを見るにしても、まず経済面をチェックしてからスポーツ面を見るようになってしまう程、経済のことが好きになりました。もう少し早く経済に興味を持っていれば、MBA取得までとは言いませんが、どこかの大学の経済学部に進学できたかもしてませんが、いかんせん自分の学がないため、記者やライターなどという面で経済に関わることができないものかと考え、編集者やライターの勉強ができる専門学校に進学することを決め、無事合格することが来ました。そこでなのですが、佐藤編集長。やはり大学を出なければ日経BP社や他の経済関係の雑誌社などに就職は厳しいのでしょうか??他のリスナーさんにはあまり興味のないことだとは思いますが、できることなら教えていただけると幸いです。長文乱筆失礼しました。これからも毎週楽しみに聴かせてもらいたいと思いますし、時々投稿させてもらいますので、その時はよろしくお願いします。(2008/01/09)

佐藤編集長、薬師神様、チームここだけの皆様、あけましておめでとうございます。音羽ボーイです。昨年はPodcastで楽しい学びの時を与えていただきありがとうございました。今年もお願いしますね。それから、編集長のかっこいい字の年賀状ありがとうございました。今回はトヨタとGEの研修についての話が特に興味深かったです。私も自社の課題について月に2日間缶詰でグループ討議をして最後に発表をする研修を受けています。普段使わない脳を使って疲れ果て、講師の方にはずたずたになるまで指摘されるので少々嫌気が差していましたが、2社の話を聞いて、もう少しがんばってみようという気になれました。今年も他のメディアとは違った視点・取り上げ方で企業や社会を捉えた記事を期待しております。(2008/01/09)

佐藤編集長、薬師神さん、ここだけの話スタッフの皆様、はじめまして。デザイナーのあそびとビジネスといいます。ポッドキャスト、及び日経ビジネスは、前編集長時代より毎週楽しみに拝聴・拝読させて頂いています。新年を迎え、何か新しいことをと思い、ついに念願の初投稿に挑戦してみました!新年特大号は、世界をあっと言わせる特別対談に、目指せグローバルNO.1シリーズのスタート。世間では、日本経済への悲観論も多く、気持ちも少々沈みがちな年末でしたが、日経ビジネスのおかげで、大きな志を持って、新年のスタートに望むことが出来ました。また、J・フロントリテイリング奥田務社長の特集では、「先義後利」という概念を仕組み化した事例として、興味深いものでした。「先義後利」は、とても基本的な概念なので、安易に建前論として片付けてしまう経営者も多いのではないかと思います。企業の社会的意義を省みる動きが加速する中、それぞれの立場にある人たちが、自らを型にはめて思考停止をせず、自分なりの「先義後利」をいかに読み解いていくのかということが、経済活動の大きなポイントになっていくのかもしれません。これからも目が離せない日本経済。日経ビジネスを羅針盤に、その発展の一翼を担えることを夢見ながら、新年のご挨拶と代えさせて頂きます。(2008/01/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長