• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

だから女は働かない 見せかけ「女性活用」の落とし穴

  • 佐藤 吉哉

バックナンバー

2008年3月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 週刊経済誌、日経ビジネスがお届けするインターネット放送「編集長のここだけの話」。日経ビジネス編集長の佐藤吉哉とラジオNIKKEIの薬師神美穂子キャスターが、毎週金曜日の配信でご案内します。

2008年3月10日号
2008年3月10日号

 今回は、男女雇用機会均等法施行から20年余り、企業が必死に取り組んできた女性活用の現状に鋭く切り込んだ特集や、「21世紀版前川リポート」に焦点を当てた記事などをご紹介します。

 リスナーからの投稿にお答えする「往復書簡2.0」では、3月3日号の特別企画「人材奔流」に関する感想をご紹介。また、ゲスト出演の近藤総編集長による方言に関する「ちょっといい話」も紹介します。詳しくは番組の後半をお聴き下さい。

今回ピックアップする主な記事は、

・特集「だから女は働かない 見せかけ『女性活用』の落とし穴」
・緊急提言「ニッポン再起動 経済一流を取り戻せ 迫る『1ドル90円』、先送り許されず」
・編集長インタビュー「天下を取り、悪習を正す エルピーダメモリ社長 坂本幸雄氏」

 リスナーの方々との双方向コミュニケーションのコーナー「往復書簡2.0」では、本誌へのご意見から編集長へのご質問など、引き続き皆様からの投稿を受け付けています。往復書簡2.0の特別企画「ちょっといい話」についても、引き続き募集しております。

※AACオーディオに対応したリストはこちら

コメント9件コメント/レビュー

ここだけチームのみなさん、こんにちは、関西の8です。特集の最後のIBMの方の言葉には考えさせられるものがありました。否定的な人に対して説得することをしなくなるような環境がこの人をそうさせたんだろうなと。いくら頑張っても報われないし、何か返ってくるものがない。そんな環境では疲れてしまうのかもしれませんね。制度や職場環境を変えるためには、複数の人の力が必要ですよね。教育改革をしようと文科省が動こうとしても、総務省がそれには乗ってくれないし、教師がいくら改善の努力をしても保護者・地域の方が乗ってくれない。問題の内容は全然違いますが、同じようなことが起きてると考えると、協力の重要性が見えたような気がしました。P.S.コメントが放送に取り上げられるための締め切り時間は、水曜日の午前中でも大丈夫でしょうか。微妙な時間帯に投稿してみました。あしからず。(2008/03/12)

「編集長のここだけの話」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ここだけチームのみなさん、こんにちは、関西の8です。特集の最後のIBMの方の言葉には考えさせられるものがありました。否定的な人に対して説得することをしなくなるような環境がこの人をそうさせたんだろうなと。いくら頑張っても報われないし、何か返ってくるものがない。そんな環境では疲れてしまうのかもしれませんね。制度や職場環境を変えるためには、複数の人の力が必要ですよね。教育改革をしようと文科省が動こうとしても、総務省がそれには乗ってくれないし、教師がいくら改善の努力をしても保護者・地域の方が乗ってくれない。問題の内容は全然違いますが、同じようなことが起きてると考えると、協力の重要性が見えたような気がしました。P.S.コメントが放送に取り上げられるための締め切り時間は、水曜日の午前中でも大丈夫でしょうか。微妙な時間帯に投稿してみました。あしからず。(2008/03/12)

今週号の特集は読者諸氏のコメントも出ているので、視点を変えてひと劇場に注目です。昨年末、BS放送のチャンネルが2つ増えたので、何の気なしに見ていたら約30年前のアニメ作品「機動戦士ガンダム」を放映していました。実はほとんど民放を見て来なかった自分は、NHKアニメしか知らず、後に「ファースト」と呼ばれるロボットアニメを偶然見て衝撃を受けました。その後「おもちゃが売れないので打ち切り」との報道に驚き、番組でスポンサーで合体おもちゃ会社の専務をしていた叔父に直訴したのでした。しかし一介の生徒は企業の論理の前には無力であり、私の挫折経験となりました。■その後バンダイがキャラクター商品化権を取得したのは存じていましたが、この記事で新社長の先見の明と初めて知りました。その後のピピン、たまごっち、合併とバンダイが盛衰するたびに時のマスコミは持ち上げ、叩きましたが、私はこの会社の取り組みに、わくわくするような爽快さを感じていました。移り気な消費者と不透明な時代の中で、山科氏の視点はまさに「先読みのシャア」と呼んで間違いなかろうと思います。後発の不利から成熟産業の放送メディアをどう料理していくのか、これからの挑戦が楽しみです。■大型特集だけでなく一人の人間の生き様を丁寧に描く囲み記事に至るまで読み応えのある日経ビジネスをこれからも一定期購読者として応援していきたいと感じました。■ということで、今週のウェプポップは山科氏のペンネーム「ちゃやじろう」で。「チャレンジの、やる気を持てば、次世代の、ロボット達も、宇宙に駆けむ」汐留男でした。(2008/03/12)

みなさまこんにちは.けん,と申します.まあちさん,記事検索サービスに関するアドバイス,どうもありがとうございます.自宅のメールアドレスにて登録作業をしようと思っていますが,来週前半まで出張が続きます(それこそ,「現業務にきっちり方を付ける」ために).うまく時間が作り出せなければ,「来週のお楽しみ」にします.でも,「キリン特集」も読んでみたいし,何とかバックナンバーを購入できないかな...直接まあちさんに連絡が取れないので,この場をお借りさせていただきました.(掲載チェックご担当者様: 直接まあちさんへ転送いただいても結構です.掲載するほどの内容でもありませんし...)(2008/03/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員