• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地方の底力を旅館再生で引き出す

星野リゾートが大変革する日本の観光

2008年4月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の観光は今、大きな変革期を迎えている。

 海外旅行を志向する日本人が増える一方、かつてにぎわいを見せた有名な温泉地でも、廃業したホテルが点在するような寂れた姿をさらすなど、観光客の減少に歯止めをかけられずに頭を抱えるところが多い。

 そこへ現われたのが、外国人観光客だ。海外から日本にやってくる旅行者の数は年間730万人(2006年)と近年増加の一途をたどる。そのうち7割が韓国や中国など、アジアの近隣諸国からの旅行者だ。

 人気が高いのは、北海道のニセコや長野県の白馬といったスキー場。また、立山・黒部、十和田・奥入瀬、別府や湯布院など、地方の観光地も評判がいい。

 北海道ニセコにやって来るオーストラリアからの観光客が、パウダースノーの素晴らしさを改めて教えたように、今や、外国人観光客が日本の観光資源の豊かさと多様さに気づかせている。

 この機を捉えたのが、星野リゾートだ。日本の温泉やスキー場のすばらしさをアピールし、国内旅行者を始め、海外からの旅行者を積極的に受け入れようと、リゾートの再生というビジネスに乗り出した。

掲載記事はこちら

動画再生

※上記でご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから

(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)
※iTunesの登録はこちらから

また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。

「ザ・ターニングポイント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長