• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2009年ヒットする料理はこれ!

メニューグランプリ入賞者が新作を披露

  • 酒井 栄子

バックナンバー

2009年3月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経レストランの「メニューグランプリ」と言えば、プロによるプロのための料理コンテストとして有名だ。トレンド見つけ隊では、2007年4月に「第13回日経レストラン メニューグランプリ決勝大会」の模様をお伝えして、プロの技に大反響を頂いた。

動画へのリンク

画像をクリックすると動画をご覧いただけます。(WMV形式)

 今回、トレンド見つけ隊では、メニューグランプリの歴代受賞者が、「2009年にヒットするのはこれだ!」という注目のメニューを発表するというので、早速、その会場に駆けつけた。

 このイベントは、国際ホテル・レストラン・ショー「ホテレス・ジャパン2009」のスペシャルイベントとして2月24日に東京ビッグサイトで開催された。メニューグランプリは今年15回目で現在審査が進められている。その盛り上げイベントでもある。果たして、どんな斬新なメニューが並ぶのか、会場ではのレストラン経営者らが興味津々に見守っていた。

 ヒット間違いなしメニューは、「前菜・お通し」「メイン料理」「デザート」の順番で紹介された。フルコースディナーを頂く気持ちで、創作メニューのお披露目に見入った。以下、披露されたメニューの中から、トレンド見つけ隊が「絶対に食べたい」3品を紹介する。材料や作り方は、日経レストランオンラインのホームページを参照ください。

【前菜・お通しの料理】

テーマ:食材高騰時代の低原価料理
メニュー名:朝掘り大根の干菜とコロ(鯨皮)の当座煮

 東京・池袋の居酒屋「楽旬堂・坐唯杏」の武内剋己総料理長(第9回準グランプリ)がそれまでなら捨てられていた食材(大根の葉)を、うまみのある素材(クジラの皮など)と組み合わせ、低原価の料理を作った “エコ料理”だ。その原価率はなんと10%前後に抑えられている。想定される提供価格は480円だが、原価45円だ。

【メイン料理】

テーマ:女性客を呼び込むキーワード
メニュー名:鶏腿肉の旬菜射込み インナービューティーのススメ

 大阪の創作和食店「鶏口牛後」の伴野和正総料理長(第13回入選)が女性客のツボをつかむメニューを披露した。伴野総料理長は、女性客を呼び込むポイントを「安全・健康・美」と指摘する。また、女性は価値あるものにはお金を使い、トレンドを作るという。女性心をつかむことでヒットメニューを作ることができるというわけだ。そのキーワードが“コラーゲン”だ。

 鶏肉の中にヤングコーンや紫ニンジンなど女性が好む色鮮やかな野菜が巻いてある。巻き寿司みたいなかわいらしい仕上がりだ。実は、塩、コショウだけではなくコラーゲンスープも加えて味を調えているのがミソだ。鳥の皮にもコラーゲンがある。

【デザート】

テーマ:もう一品を誘う注目食材
メニュー名:シルクロール~白味噌シャンティ~

 神奈川県横浜市にある「関内本店 月」の下村邦和総料理長(第13回グランプリ)が提示したメニュー名にビックリ。「白味噌」の文字がデザートに似つかわしくないが、そこが新メニューのミソだ。和の調味料である味噌とロールケーキを組み合わせ、意外感ある和スイーツに仕上げた。

 この日のゲスト解説者で和食創作料理店「中村孝明ARIAKE」を営む中村孝明氏は「今まで持っている固定概念を払拭し、和洋中、どのジャンルからも学びとることが大切だ。私も小豆とエスプレッソを合わせたぜんざいを作り、それに豆乳を使った甘い豆腐にかけて提供したところ、大ヒットした」と説明した。

 日経レストランの高柳正盛編集長には、不況の時のレストラン経営のポイントを聞いた。

 「景気が悪い今の時代、一番に削られるのは外食と言える。そういった経営環境の下、大手ファミリーレストランでは価格勝負、体力勝負に出てきている。個人のお店では大手に価格では対抗できないので、うちの店はコレで勝負!という品が1つあれば、それを食べに行こうとお客さんが集まる。お店の特長をきちんと出す。コレが勝負の分かれ目ではないだろうか」

 トレンド見つけ隊では、皆様に代わって試食。まだ誰も食べたことのない新しい料理、デザートを堪能させていただいたが、それだけではもったいない。せっかく来場した「ホテレス・ジャパン2009」なので、会場を見て歩き、注目すべき料理アイテムを探した。見つけた注目アイテムの中から少しだけご紹介しよう。

【プジョーの「電動ワインオープナー」】

 プジョーといえば、フランスの自動車メーカー。自動車メーカーなのに、電動ワインオープナーを開発するあたりは、さすがフランスの会社だ。ワインは好きだけど、栓を抜く時間違えて手を傷つけてしまったことがある。そんな方にピッタリだ。ボタン一つでするりとコルクを壊すことなくワ開栓できる。

【GSホームプロダクツジャパンの「トマトピーラー」】

 通常のピーラーではむきにくかったトマト、桃、キウイ、プラムなどの柔らかい皮が簡単にむける。その秘密は先端の串刃形状。この串刃で食材を最初から最後まで綺麗にカットできる。

※下記の再生ボタンでご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから

(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)

また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。

「酒井栄子のトレンド見つけ隊」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長