◆要約: 2006年、食糧と燃料の“穀物争奪戦”が幕を開けた。ターゲットとなったトウモロコシは大幅に値上がり。食事を確保しますか、自動車を走らせますか──。こんなテーマが真面目に語られる時代を迎えている。