• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「TPPが食料安保を脅かす」という非常識

第9回 北岡伸一・東京大学法学部教授

  • 市村 孝二巳

バックナンバー

2011年11月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「TPP(環太平洋経済連携協定)に参加すれば、食料自給率は13%に低下する」…。TPP亡国論の柱の1つが、農水産物の関税障壁を削減・撤廃すると、安い輸入食料が増えて日本の食料安全保障が脅かされる、という主張だ。食料品価格の低下で大きな恩恵を受けるはずの消費者までTPP反対へと靡かせようと、「農薬まみれの野菜や遺伝子組み換え食品が大量に出回る」といった流言蜚語を撒き散らしているという問題がある。

 政治学、安全保障論の専門家として、さらには日本外交の現場経験も踏まえ、食料安保が自由貿易反対の論拠として語られてきたのは「非常識」と一刀両断するのが、北岡伸一・東京大学法学部教授だ。TPPによって自由貿易体制を守るアジア太平洋の国々と連携を強め、いまだ法の支配が根付いていない中国やロシアを仲間に引き込むことこそ、日本の食料安保強化につながる、と唱える。

北岡伸一氏略歴
 1971年東京大学法学部卒、76年同大学院法学政治学研究科博士課程修了、立教大学法学部専任講師、同助教授、同教授を経て、1997年東京大学法学部教授。2004年特命全権大使(日本政府国連代表部次席代表)、2006年より現職に復す。専門は日本政治史、日本外交史、政軍関係、政党と政治指導、日米関係、国連。主な著書は『グローバルプレイヤーとしての日本』『日本政治史~外交と権力』など多数。
(写真:清水盟貴)

 安全保障論の観点から、TPPの話をしてみたい。

 食料安全保障という言葉は長年、いろいろなFTA(自由貿易協定)・EPA(経済連携協定)に対する反対の論拠として語られてきた。その非常識が長年続いているというのが実態である。コメは神聖不可侵であるという議論が30年以上続いているのも事実だ。

 食料がなくなって我々が飢える、ということは本当に起こるのだろうか。過去数十年の歴史で見ると、1973 年のオイルショックで、石油価格が急騰し、供給の途絶が懸念された。日本は中東の石油への依存度が非常に高かったため、対応の努力は必要だったものの、後から考えれば、実際に困ることはほとんどなかった。

 これは象徴的な事実で、仮に国内でコメが収穫でき、カロリーを100%自給できても、エネルギーがなければやっていけない。戦前のブロック経済の時期にも、世界で貿易が途絶して飢える国が出たことはない。今、国際的に孤立している北朝鮮や、戦前の日本のようでなく、良きグローバルシチズンである限り、そのようなことはほとんど起こらない。

 とは言え、飢饉が起こった時にはどうすればいいのか。一番良い対処法は豊かな経済を持ち続けることだ。江戸時代の飢饉で、どこで人が亡くなったかと言えば東北である。当時コメの集積地だった大阪や江戸では、飢えは起こらない。お金があればモノが買える。それが現実だ。日本人が飢えを経験しないためには、豊かな経済を維持することが第一だ。

 しかし、世界が大混乱に陥らないことも望ましい。そのためには、世界の秩序が維持されることが重要である。だから食料安全保障の一番重要な手段は日米安全保障体制かもしれない。ともあれ、世界の安全な秩序、安定した国際的な安全保障が維持されるために、やや不安な材料は例えば中国だ。尖閣問題に関してレアアースの輸出を止めるような、政治と経済をくっつけてレバレッジとして使う乱暴な動きがある。一部の全体主義的な国家は市場原理ではなく、経済への介入をやりうる。ロシアはグルジアへの天然ガスの供給を停止したことがある。このような乱暴な行為を不思議と思わないメンタリティーの国がある。

コメント26件コメント/レビュー

農業を食料を生産する産業としか考えない経済論は、全く現実を認識していない。一級河川などある程度の規模の河川はともかく、そこに流れ込む小河川・小川を整備しているのは誰であろうか? 日本に多い山間部に無数にある小川に堆積物が溜まらないようにし、定期的に水流をスムーズにしているのは誰であろうか? 土は岩石鉱物の細かいものが集まったものではない。多くの生物の生命活動があって土が生まれる。農業は土を作る営みでもある。(大規模化し収量を上げるために、農薬や化学肥料を大量に使えば、土中の生命は死滅する。すなわち土は失なわれる。こうした”死んだ土”は簡単に地表から剥ぎ取られて行く。すなわち表土流失し易い。)農業とは、その環境を整備し続ける営みとも言える。河川や土地の保全、つまり国土を保全し災害を予防したり小規模に抑えたりするのに、大規模なダムや堤防などのコンクリート建造物だけで済むと思っていたら大間違いだ。こうした農業にはらんだ国土保全のコストが、農産物価格に反映されないシステムの上では、TPPなど国土荒廃を加速するだけである。(2011/11/22)

「TPP亡国論のウソ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

農業を食料を生産する産業としか考えない経済論は、全く現実を認識していない。一級河川などある程度の規模の河川はともかく、そこに流れ込む小河川・小川を整備しているのは誰であろうか? 日本に多い山間部に無数にある小川に堆積物が溜まらないようにし、定期的に水流をスムーズにしているのは誰であろうか? 土は岩石鉱物の細かいものが集まったものではない。多くの生物の生命活動があって土が生まれる。農業は土を作る営みでもある。(大規模化し収量を上げるために、農薬や化学肥料を大量に使えば、土中の生命は死滅する。すなわち土は失なわれる。こうした”死んだ土”は簡単に地表から剥ぎ取られて行く。すなわち表土流失し易い。)農業とは、その環境を整備し続ける営みとも言える。河川や土地の保全、つまり国土を保全し災害を予防したり小規模に抑えたりするのに、大規模なダムや堤防などのコンクリート建造物だけで済むと思っていたら大間違いだ。こうした農業にはらんだ国土保全のコストが、農産物価格に反映されないシステムの上では、TPPなど国土荒廃を加速するだけである。(2011/11/22)

金を払っても海外から食料が調達できない事態、戦前のように日本が国際社会から孤立するように追いこまれたら別ですが、単に世界的食料不足でそうなるというのなら・・・こころやさしい日本の農家のお百姓さんは、安いお金で日本人に食糧を売ってくれるとでも思っているのでしょうか?農家の方がこういう理由でTPPに反対するのはわかります。自分達が有利になるだけですからね。でも生産者でない人が、こういう理由で、TPPに反対しているのなら、大甘です。農家は自分達の食べる分以外は、高く買ってくれる人に売るだけです。自由貿易が成り立っているかぎりそうなるでしょう。いくら日本人が飢えていても「貧乏人は麦を食え」となるだけです。そうならないのは、輸出も輸入も禁止して、鎖国した場合で、確かに自給率に頼ることになるでしょうが、先の戦争に懲りた日本がそういう道をとるとは考えられませんし、目指すべき道でもないでしょう。我々は、自由主義、資本主義の世界に生きているのですから、金を出してもモノガ買えない世界は、少なくとも目指すべきではないし、社会主義国や独裁国家で、それを脅かす国があるのであれば、できるだけ仲間を増やして協力しあう環境をつくるべきでしょう。日本人だからといって経済の合理性をもとに行動するのであって、それを拝金主義と云ってしまうのは自由ですが、世の中はそうおめでたくありません。(2011/11/21)

結局食料安保=自給率向上派の認識は、「日本人なのにおいしい米がたべられなくなる」程度の危機しか想定していないのであろう。食料も自由経済の国の間では需要と供給のバランスで価格が決まるだけのこと。まず世界中のほとんどの国で国内に餓死者が出るほど食料難になる、(すぐにそういう状態になる)という想定が無理がある。地球規模の伝染病でも起きれば別だが。仮にそうなったら、地球規模で助け合うか、戦争して分捕るかしかない。日本だけ自給率を高めて、安泰などということはない。そういう突発的なクライシスでなければ、まず、そうなる前に食料価格が高騰するだけだ。食料価格が高騰したらすべての国が自由貿易をやめるのか?もし、TPPで日本の米が1/3の価格になったとする。その後、世界的食料不足で、価格が3倍になったとしても、日本人にとっては、元どおりになっただけである。さらにもっと高騰して国際価格が10倍になったとする。日本の農家は、今の価格で日本人に米を売るだろうか?輸出すれば儲かるのだから、日本人が飢えていても海外に輸出するだろう。そう、結局食料は生産者が一番強いのだ。だから生産者(既得権益者)の言い分には説得力がない。食料安保も消費者を中心に考えなければならない。(2011/11/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授