• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社会起業家の「障害者支援ビジネス」

このコラムについて

 「障害者雇用」に新しい風が吹き始めている。「ダイバーシティ経営」の推進に積極的に取り組む大企業グループが牽引役となって、民間企業セクターにおける障害者雇用率はここ数年着実に改善し、障害者雇用促進法が定める法定雇用率1.8%(従業員56人以上の企業の場合)の達成も視界に入ってきた。
 そうした中で今、20~30歳代の若い社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)たちが「障害者支援ビジネス」と呼ぶべき新たなソフトサービス分野を切り開きつつある。障害者の雇用拡大や就労支援を「ビジネススキーム」の中で実現しようというニューパワーだ。「社会を変えたい」「世の中の役に立ちたい」「誰かを支えたい」――。彼らがビジネスモデルの根幹においているのは「つながり」や「絆」。そこには、東日本大震災後の若い世代の新しい価値観・行動規範が映し出されているようにも見える。
 2010年の連載『障害者が輝く組織が強い』に続き、産業界における障害者雇用の最前線の動向をルポする。

記事一覧

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長