• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「不本意ながら、極ガール??」

若き生物学者による現地リポート 第1弾

  • 田邊 優貴子

バックナンバー

2011年12月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 秋晴れの今日この頃、
 みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 少しずつ冬の匂いがして、いつもなら私はワクワクし始める頃ですが、今年はそんな大好きな季節を日本で過ごすことができません。この原稿が掲載される11月28日には、私はオーストラリアのフリーマントルという港町にいるはずです。パースから車で南に約30分で到着する小さな町です。

 なぜそんな所に?

 と言うと、実はそこで南極観測船しらせに乗り込み、南極大陸へ向けて出発するからです。私は生物学者として第53次日本南極地域観測隊に参加しており、南極へ行くのは今回で3度目。

 女性が3度も南極へ?!
 なんて驚かれることもしばしばですが、当の本人はそんなことを全くもって意識などしていないものです。

 誰もが想像するように、日本で暮らしているときと比べて、南極での生活はとても不便なものになります。

 昭和基地に滞在するならばまた話は別ですが、私は南極大陸上に滞在するほとんどの期間を、昭和基地から約60キロメートル離れた調査地をベースにして、しかも3~4人という少人数で野外生活を送ります。

コメント1

「南極なう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員