• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家庭用電源への進化で先行する改造EV

2011年9月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2009年7月に三菱自動車が初めて量産型電気自動車(EV)「i-MiEV」を発売してから2年経った。今、この分野で2つの大きな動きが始まっている。

 1つは廉価版の製品化である。三菱自動車は「i-MiEV」のバッテリー容量を3分の2程度にダウンサイズし、補助金活用の場合の価格を188万円に抑えた「Mグレード」を追加投入した。今年中に発売する予定の商用車「ミニキャブ MiEV」でも2つのグレードを用意し、廉価版は補助金活用で170万円になる。低価格車の登場で、EV普及の加速が期待できる。

震災で増した非常用電源のニーズ

 2つ目の動きは、EVが搭載する大容量・高性能バッテリーを家庭用電源として活用する試みである。構想は以前からあったが、震災の影響で現実味が増してきた。

 日産自動車は、2011年7月、EVから家庭に電気を供給するシステムの開発を発表した。「リーフ」駆動用リチウムイオン電池は蓄電容量が24kWhにおよび、一般家庭なら2日分の電力を賄える。

 電力不足が全国に広がり、長期化が予想される中、停電や需要ピーク時対策の手段として期待される。こうしたシステムを日常的に使用することで電力需要を平準化し、併せて電気代を減らす効果も期待できる。電気が余っていて料金も安い深夜に充電しておき、需要が高まる日中に使用するのである。日産は2012年4月をメドに販売を始める計画という。

 三菱自動車もシャープと共同で、「i-MiEV」のバッテリーから家庭に配電するシステムを開発中である。

 EVバッテリーを電気がまに使うとか、テレビを観るというような単一製品での使用ならEV側だけの対応で済むが、家庭全体で使うにはパワーコンディショナーを通しての家庭内配電が必要になる。そうした需要をにらんで、シャープは「インテリジェントパワーコンディショナ」の開発を2011年2月に発表した。2011年末から2012年はじめには実用化されそうである。

 実は3.11以降、改造EVの世界でも駆動用バッテリーの電源化はメインテーマとなっている。改造EVの産業化を目指すスモール・ハンドレッド・グループのEV honda(新潟県長岡市)、オズコーポレーション(横浜市)、百家堂(東京都世田谷区)といった中小企業が、大手メーカーに先行して積極的に取り組んでいる。

“移動EVメーカー” EV honda

 2011年8月11日、三菱自動車「ミニキャブ」のEV版が、本家のメーカーに先行して新潟県長岡市で誕生した。製作を指導したのは、改造EV産業化のリーダー格、EV hondaの本田昇社長である。

 本田氏は2009年夏、改造キット販売と実地指導に乗り出した。現在「2泊3日で1台完成」というプログラムを提供し、北は北海道から南は沖縄まで全国を飛び回り、改造作業を指導している。沖縄や隠岐の島での改造EV第1号は本田氏の指導によるものである。

 2011年中には協力企業によるものを含めて累積改造台数100台に達する見通しだ。改造とはいえ、実際の作業は、車体そのものを1つの大きな部品とみなし、モーター、バッテリー、コントローラーなどの他の部品と組み合わせて製作する。その実績から考えるとEV hondaは「移動EVメーカー」と言っても良い。

コメント0

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「家庭用電源への進化で先行する改造EV」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手