• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

航続距離と充電問題に挑戦する電気自動車

2011年11月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2009年7月、日本初の量産電気自動車(EV)として発売された三菱自動車「i-MiEV」の航続距離(1回の充電で走れる距離)はカタログ値で180km(JC08モード)。2010年末に発売された日産自動車「リーフ」は「i-MiEV」より10%程度長い200km(同)である。満タンにしたガソリン車の半分にも届かない。街乗り中心に使用するなら問題ないが、ちょっと遠出となるとバッテリー残量や充電器の設置場所を気にしながらのドライブになってしまう。

 ドライブ先で充電器を見つけても困難は続く。充電に長時間かかるのだ。町中でも見かけるようになった急速充電器を使っても80%充電に30分かかる。もし、先客がいたら1時間である。このままでは自動車の主力にはなりにくい。

 しかし、EVの進化は加速している。今年に入って解決策が続々と登場してきた。

 航続距離の短さと充電時間の長さの根っこは、どちらもバッテリーの性能の限界にある。

 この問題を克服する策として大きく5つの方法が提案されている。(1)バッテリーの大容量搭載、(2)発電機搭載、(3)超急速充電、(4)バッテリー交換、そして、(5)EVの「電車化」――である。すでに一部は実現しつつある。

バッテリーの容量を増やす

 自動車関連部品を扱っているTGMY(大阪市)が製作した改造EV『550 REVolution「TGMY EV Himiko」』が2011年10月3日、1充電走行距離で587.3kmを達成した。これは、国内で市販を予定しているEVの最長距離である。平均速度55km/h(ドライバー交代のロスタイム除く)という条件でトライした。TGMYでは今後、受注生産によるEVの事業化を検討するとしている。

 TGMYが目標としたのは、米テスラ・モーターズのEVスーパーカー「ロードスター」だ。「ロードスター」の航続距離はカタログ値で390kmだが、2009年10月27日、オーストラリアで501kmという記録を打ち立てた。TGMYが記録を破るまで、市販車としては1充電の最長走行距離だった。500km走れればEVの実用性は格段に高まる。

 「EV Himiko」の目標は、「ロードスター」の記録を10%上回る550kmに設定していたが、今回これを軽くクリアした。その原動力は63kWhという大容量のリチウムイオン電池(リチウムポリマータイプ)である。バッテリー容量は、三菱自動車「i-MiEV」(16kWh)の約4倍、日産「リーフ」(24kWh)の2.6倍に上る。「ロードスター」(53kWh)と比較しても20%ほど大きい。「TGMY EV Himiko」の車体が大きいため、これだけの容量を積み込めた(車体全長は「ロードスター」より60cmほど長い)。

コメント0

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「航続距離と充電問題に挑戦する電気自動車」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック