• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「知床ではないのだ」

若き生物学者による現地リポート 第3弾

  • 田邊 優貴子

バックナンバー

2011年12月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月14日、16時58分。

 それはちょうど33歳を迎えた翌日の、もうすぐ夕食というところ。
 ついにしらせは流氷域に入りました。

 外に出ると、久しぶりに見る青空と明るい太陽が目に飛び込んできて、一気にテンションが上がったのでした。
 しかし、目の前の流氷はまだ小さく、冬の知床と区別がつかないくらいです。


 11月30日にフリーマントルを出航してから16日間。その間に、晴れ空が見えたのはたったの3日でしょうか。
 とにかくずっと悪天が続いていたのです。

 さらに、12月7日に進路を西へ取り始めてからというもの、南下していたときと違い、飛んでいる海鳥の種もほとんど変わらなければ、さほど景色も変わらない。暴風が吹き荒れ、どんよりした風景の中、波しぶきを大きく上げながら、しらせは単調な航海を続けていました。

コメント0

「南極なう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長