• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

太陽光発電 19円/kWhの衝撃

2012年1月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この連載「『燃やさない文明』のビジネス戦略」は、日経BPの環境総合サイト「ECO JAPAN」の終了に伴い、日経ビジネスオンラインで継続して掲載することになりました。バックナンバーはこちらでお読みいただけます。

 「太陽光発電は高コスト」との認識は急速に過去のものとなりつつある。需要者目線に立った新しい太陽光発電ビジネスの台頭で設置コストが急激に下がっているからだ。

 この傾向が定着すれば補助金は不要になる。2012年7月には再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度(FIT)がスタートするが、将来的には買い取り価格の高値維持は必要なくなる。

驚きの安さ

 家庭用太陽光発電の工事費を含む設置コストは、2010年の実績で1kWあたり60万円以上だった。これを金利3%、20年償却の前提で発電コストに換算すると40円/kWh以上になる。家庭用電力料金の24円と比較すると現状は非常に高くつく。

 発電コストが高くなる一因は、これまで太陽光発電のビジネス形態がパネルメーカー主導の閉鎖的なシステムで、販売方法などが非効率であったことだ。コスト問題を乗り越えるには、需要側の利益を最大化する新しいビジネスモデルを構築する必要がある。

 この点で期待できるのが、メーカーから独立したシステムインテグレーター(SI)主導によるビジネスモデルである。これまでの商習慣にとらわれることなく、太陽光パネルも海外メーカー品を扱うなど世界から最適な機材を調達する。ユーザーへの販売方法も大幅に簡略化している。グローバルな調達戦略でこれまでの常識を打ち破る低コスト化の道筋が見えてきた。

 最近、フジワラ(千葉県船橋市)とエイタイジャパン(千葉県鎌ケ谷市)の共同による千葉県の販売事業者グループが29万円/kW(4kWタイプ)という家庭用太陽光システムを発売した。これは私が知る限りの最安値だ。発電コストに換算すると実に19円/kWhという驚異的な安さになる。

 太陽光発電はこれまで、電力会社の電気料金同等(グリッド・パリティ)の24円を目指してきたが、これより30%も安い発電コストをあっさりと実現してしまった。販売実績はまだ少ないが、今後急速な拡販を目指して体制を整備しているところだという。

ビジネスプロセス刷新による低価格化

コメント11件コメント/レビュー

この話が本当なら画期的なこと。ブレークスルーが起きれば日本の企業も追いつき追い越せで頑張るでしょう。再生可能エネルギーは原発の代わりになるかなどと理屈だけを並べるよりよほど説得力があります。(2012/01/10)

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「太陽光発電 19円/kWhの衝撃」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この話が本当なら画期的なこと。ブレークスルーが起きれば日本の企業も追いつき追い越せで頑張るでしょう。再生可能エネルギーは原発の代わりになるかなどと理屈だけを並べるよりよほど説得力があります。(2012/01/10)

あくまでも、下っ端技術者の想像に過ぎませんが、かりに将来、電力が本格的に自由化されるとしたら、「蓄電機能を備えた変電所」が営利企業として存在可能になるかも知れません。今は、発電所が慎重に発電機をコントロールし需要に合わせた発電をすることによって電圧・周波数・位相を安定化させています。もちろん、変電所も、電力用コンデンサーをはじめとして安定化の設備を有していますし、電力潮流の流れをコントロールする重要な基地ではありますが、現時点では、発電所ほどには技術研究の対象としても金儲けの手段としても注目されていないように思うのです。送発電分離の一貫として、巨大蓄電設備を用意し供給が不安定になりがちな自然エネルギーによる電力を引き受け、電力を在庫として持ち、需要に応じて安定化させて流通させるような変電所を経営する会社を作れば、規模のメリットによって、各家庭に蓄電池を置くよりも低コストで安定化が可能になるのではないか・・・ と、思うのですが、いかがでしょうか?電力を在庫として持つ際の手段は、蓄電池でも揚水発電でも水の電気分解による水素製造でもいい。それは各社が比較検討して決めると。今後のビジネスの芽は、発電より、送電・変電・蓄電という、「在庫管理機能を有する電力流通業」にあるというのが、私の意見です。(2012/01/09)

日経BPの編集者や筆者に聞きたいことは、経済的に日本を良くしたいのか、駄目にしたいのかとても知りたい。この記事を読むかぎり、駄目にしたいようにとれるのですが、、、海外のパネルで安上がり(信頼性は?)がそんなにうれしいのか?うれしいのでしょうね。そして日本の製造業は衰退していく。なんと明るい未来でしょう。(2012/01/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長