• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

幸福の国ブータンより長命な北朝鮮国民

「平均寿命は70歳弱」数字は語る(最終回)

2012年1月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)
 一人当たり国民総所得(GNI)が低水準である国の特徴は、高い絶対貧困率、短い平均寿命、高い乳児死亡率、低い就学率など、国民生活の上で様々な問題を抱えることにあり、サブサハラアフリカや南アジアの多くの国々が共有する悩みとなっています。北朝鮮でも最貧国が抱える問題を抱えているのでしょうか。今回はデータを用いつつこの点について検証していきます。

 データが存在するものについて見ていきましょう。まず平均寿命です。

 韓国の研究者が北朝鮮の人口センサスから導き出した数値で見ると、2008年で男性69.8歳、女性は72.7歳、合計で69.3歳です(注1)。15年前の1993年にはそれぞれ68.4歳、76.0歳、72.7歳であったため、平均寿命は短くなっています。なお北朝鮮の統計には不確実かつ意図的といった印象がありますが、人口センサスについてはかなり確度が高いと評価されています(注2)。よって北朝鮮の人口センサスを元に推計した平均寿命も確度が高いと考えられます。

 これを世界保健機関(WHO)のデータベースのデータを使用し国際比較すると(北朝鮮は2008年、各国は2009年の数値)、193位中114位と同じ水準です。日本は83歳、韓国は80歳であり、先進国を始め中進国と比較すると遜色ある数値ですが、アジアではインドネシア、ミャンマー、ラオス、ブータン、バングラデッシュ、パキスタンなどの国より長くなっています。また北朝鮮と一人当たりGDPが概ね同水準と考えられるマリの53歳とかなり短くなっています。北朝鮮の一人当たりGDPはサブサハラアフリカ並みですが、これらの国の多くは平均寿命が60歳を切っています。

 一人当たりGDPが北朝鮮と似通った国(北朝鮮より若干順位が低い国)である、ガンビア、タジキスタン、ブルキナファソ、バングラデッシュ、赤道ギニアと比較してみましょう。

 ガンビアは60歳、タジキスタンは68歳、ブルキナファソ52歳、バングラデッシュ65歳、赤道ギニア53歳です。これを見ると、アジアの場合は北朝鮮より若干低い程度ですが、サブサハラアフリカは大きく下回っています。平均寿命には、一人当たりGDPのみならず、地理的条件も大きく影響すると考えられます。つまり一人当たりGDPが同じ国々と比較すると、アジアの国々との比較では北朝鮮の平均寿命は相応の水準であると言えますが、サブサハラアフリカの国々よりは相当長くなっています。いずれにしても最貧国の特徴である著しく短い平均寿命といった特徴は有していないようです。

(注1)研究者は漢陽大学のキムドゥソプ教授など。数値はキムドゥソプ他(2011)35ページ。
(注2)キムドゥソプ他(2011)21ページでは、「特に1993年と2008年の北朝鮮センサスの結果は、北朝鮮の中央統計局の資料が常に不正確で意図的でないと考えさせる」と記述されている。

コメント10

「茶飲み話でない北朝鮮経済論」のバックナンバー

一覧

「幸福の国ブータンより長命な北朝鮮国民」の著者

高安 雄一

高安 雄一(たかやす・ゆういち)

大東文化大学経済学部教授

1990年一橋大学商学部卒、同年経済企画庁入庁、調査局、外務省、国民生活局、筑波大学システム情報工学研究科准教授などを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長