印刷ページ

 「改造車の祭典」と呼ばれる東京オートサロン2012が1月13〜15日の3日間で25万人を集め、閉幕した。1日当たりの来場者は東京モーターショーにも引けを取らない上、来場者の多くは自動車の外見や性能にこだわる層だ。

 改造車や、そのためのパーツが多く展示されるだけに、完成車メーカーは長い間、やや及び腰でオートサロンに接してきた。しかし、「自動車の楽しさを理解してくれる顧客をいかに取り込むか」(柴尾嘉秀・トヨタ自動車GAZOO推進室長)が課題になる中、前のめりとも言える積極姿勢に転じている。

 一方エコカーや、その改造車の展示が目立つなど、オートサロンの内容も顧客の関心に合わせて変わりつつある。記者が会場で集めたオートサロンの雰囲気をお送りする。

トヨタ自動車は名車「2000GT」にソーラーパネルを敷きつめ、「2000GTSEV」として「復刻」した(写真:大槻 純一、以下同)
プリウスはカスタム(改造)のベースとしても人気。こちらはレース仕様ともいえる「プリウスRR-GT」
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
キャンピングカー仕様のプリウスも。右は後部。内部は十分に広い。

関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

コメントを書く

コメント[0件]

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事