• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「氷の海で魚釣り」

若き生物学者による現地リポート 第6弾

  • 田邊 優貴子

バックナンバー

2012年1月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月上旬、昭和基地に2泊しました。
 例年ならば、南極滞在中は野外調査に出ずっぱりで、途中で昭和基地に入ることなどない私ですが、今回こうやって2泊したのには理由があります。

 それは・・・魚釣りをするためです。
 あ、でも勘違いしないでくださいね。釣り=遊びではありません。

 同じパーティーのメンバーである秋吉英雄さんは、魚類など海洋生物の内臓の形態から進化を研究している人です。そのため、昭和基地がある東オングル島周辺の海から魚類および無脊椎動物を採集することを目的に、短期間ですが昭和基地に滞在したわけです。

 南極での釣りは、単に海に出て釣り糸を垂らせばよいという簡単なものではありません。

 何よりも大変なのは、まず海氷に穴をあけなければならないこと。さらに釣りだけならまだしも、無脊椎動物を採集するためにはトラップを仕掛ける必要があります。

コメント1

「南極なう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック