• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「86」に込める、トヨタ“20年の計”

クルマ文化のルネサンスはなるのか

2012年2月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トヨタ自動車が4月6日に発売する小型FRスポーツカー「86(ハチロク)」。その発表パーティー「86 Opening Gala Party」にレーシングスーツ姿で登場したトヨタの豊田章男社長は、「ここ十数年の間にトヨタのスポーツカーは次々とドロップ。私たちはそのことを真摯に反省し、86の開発を進めてまいりました」と語った。

「86」の発表パーティーに望むトヨタ自動車の豊田章男社長

 発表会には影山正彦氏、飯田章氏、脇阪寿一氏という著名レーシングドライバー3人が登場。豊田社長とチーフエンジニアの多田哲哉氏を交えたトークセッションも繰り広げた。クルマ好きにはたまらないイベントとなった。

社長、有名ドライバーや開発者を交えたトークセッションも

中古も視野に“ルネサンス”目指す

 86は199万円からだが、これはレース用車両の価格。一般的なユーザーが購入するのなら、必要なオプションがついた241万円のグレードG以上のタイプになる。

 多田チーフエンジニアは以前、「86では細部までファンのこだわりに応えるため、躊躇なく専用設計の部品を活用した。既存車との部品の共用化率は9%程度にまで下げた」と打ち明けてくれた。

 86には「若者のクルマ離れ」を少しでも解消したいという狙いが込められている。コスト削減の常套手段である部品共通化を採用せずに、この価格を実現した裏には、並々ならぬ努力があったはずだ。

コメント7件コメント/レビュー

首都圏在住の30代前半のサラリーマンで車は一昨年売却した。ちょっとカッコイイ車だな、と思うと、必ずと言っていいほど外車。日本車でカッコイイと思える車ってほとんど無い・・・そのうち日本車なんか全然売れなくなると思う。(2012/02/14)

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「「86」に込める、トヨタ“20年の計”」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

首都圏在住の30代前半のサラリーマンで車は一昨年売却した。ちょっとカッコイイ車だな、と思うと、必ずと言っていいほど外車。日本車でカッコイイと思える車ってほとんど無い・・・そのうち日本車なんか全然売れなくなると思う。(2012/02/14)

拍手したくなる気持ちはわからないでもない。若者のクルマ離れ、ハイブリッドとミニバンばかりの日本。(でもそれってトヨタが作ったんじゃないのかね)そこに走りを追求した一見ピュアなクルマが登場したのだから。しかし冷静に見るとどうだろう。1000万円のクルマが専用部品です、ならともかく、200万のクルマが共用部品9%って威張ることか?当然グローバルに売るのだろうけど、どこのマーケットで売れるのかイメージ湧かない。国内は断言しますが、1年後にはBRZと合わせて月販300台ですよ。何よりこのクルマはアニメと懐古の香りはするが、未来を切り開く感がまるでない。20年後に4代目の86が快走している姿はどうにも想像できない。トヨタは意外にキワモノ好きで、これまでもセラとかWillとか作りましたが、それの延長に思える。でもあんた、今やもう遊んでる場合じゃないんじゃないか。(2012/02/14)

20年も昔の若い頃だったら踊りまくって喜んだでしょうけど...現に初代ロードスターを予約して買って乗り倒していたし。しかし不況で給料もずっと上がらず、維持費に苦しみ2年前に車を捨ててしまった。関東の都市部に住んでいると車が無くても生活できるし生活必需品でもない。ドライブがしたい、どうしても車が必要な時等はレンタカーで十分。24時間のレンタカー屋が比較的近くにあるのも嬉しい。こんな状況で86が売れるのか?売れて欲しいがどうだろう?若者が買うか?買ったとして一部だろうな...大部分はオジサン世代ですよ。この手の安価なスポーツカーでさえ簡単に買えない、いや買わない?何れにしろ好評を得たとしても買ってもらえない。私の予測が裏切られる事を望むばかり。(2012/02/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長