• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

孤独な「東條独裁」と戦後国家への遺産

敗戦への道と明治国家の終焉(後編)

  • 村井 哲也

バックナンバー

2012年2月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

「総論賛成」と「各論反対」

 日本人は改革マニアだ。ここ20年近く、小沢一郎の「政治改革」、小泉純一郎の「構造改革」、政権交代を成し遂げた民主党と、常に日本政治は改革の季節にある。陸軍の「国家革新」も、近衛文麿の「新体制」も、橋下徹の「維新」も、ほぼ同義語だ。

 改革が必要なことに反対する者は滅多にいない。ただし、総論に限っての話だ。各論という具体的な過程に入れば、賛成する者は急速に減る。改革の中身を都合よく解釈した面々は、都合が悪いと察知するや潰しにかかる。だが、犠牲者を全く出さない改革など、この世に存在しない。現状に問題点があるのだから。

 前述した改革は、実はどれも、強力なleadershipを発揮するシステムの構築を目指すものであることに気づく。「選択と集中」をなす強力なleadershipの発揮は、犠牲者が出ない訳ない。だが、発揮すれば「独裁」のレッテルを貼られて潰される。かくて、「総論賛成」「各論反対」が続き、何も意思決定はなされない。

 東條英機は、史上初めて、未曾有の国家総力戦に直面した首相だ。「日本のアキレス腱」の海上輸送は断裂の危機に晒され、「物の予算」たる物資動員計画は希少なパイの争奪戦に陥る。全ての機関は、天皇大権への直結を大義名分に削減を許さない。

 「統帥大権」を過大視する向きは多い。だが、「ねじれ国会」の参議院のごとく抵抗野党の権勢だ。日本政治の得意技だが、政権与党になれば無責任にはなれない。「統帥大権」を振りかざした東條は、首相の責任と孤独を味わう。「東條独裁」は、こうして始まった。

 「始めたら徹底してやらねばならぬ」。日米開戦に反対した昭和天皇も支持した。日清・日露が開戦した後の明治天皇と同じ、臣下の決定に従う君主の振る舞いだ。誰より東條は、自分を敬愛し豊富な情報を届けてくれる。「傀儡」の君主ではないのだ。

 孤独を深める東條にしても、最終的な拠り所はそこしかない。精神的にも、権限的にもだ。天皇大権こそ、全ての国家権限を握る。他のどの機関もこれに接近したい。だったら、自分が最も接近すればよい。未曾有の国家総力戦を指揮する首相なのだから。

 意思決定システムが漂流から破綻へと向かうなか、「天皇大権主義」は不可避だった。要は、明治国家が誕生した時代に回帰せざるを得ないのだ。その動きのなかで、終焉は着々と近づいてくる。

コメント9件コメント/レビュー

東條英樹の首相として行った政策についての批判はともかく、独裁者というのはまったく馬鹿げた批判でしかない。何処の世界の独裁者が、一般市民から腰抜けだの腑抜けだのと抗議の手紙が山ほどきて世間で叩かれまくるというのか。むしろ、本当に独裁者であったなら戦争は防げていたでしょう。(2012/02/23)

「首相の権力~この国はどう決断してきたのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

東條英樹の首相として行った政策についての批判はともかく、独裁者というのはまったく馬鹿げた批判でしかない。何処の世界の独裁者が、一般市民から腰抜けだの腑抜けだのと抗議の手紙が山ほどきて世間で叩かれまくるというのか。むしろ、本当に独裁者であったなら戦争は防げていたでしょう。(2012/02/23)

こうした目で見ると、日本は丁度他所の宗教でいう神的な役割・権威が天皇にあって時々神託が下る。でも基本は神官含め人間が威を借りて自分達の都合の良いように神を使い、都合良く意訳して為政する。という構造で騙し騙し大昔から名前と多少の出自(公家・武士等)を変えつつやりくりしてきたんだなと。でも今は天皇にその役割薄く、実務屋(昔は軍人今官僚)や、外部の権力持ちに擦り寄るばかりの国の事などより自分の権益の人達ばかり。いい加減神官連中を国を任せられる人間に挿げ替えないといけない時期に来ているということか。(2012/02/23)

 この記事は細部に拘りすぎていて、大局を見失っている。 東条英機が太平洋戦争直前に首相に選ばれた理由は、天皇に 絶対的忠誠を尽くす人間として知られていたからだ。 本当に忠誠を尽くすなら、日ロ戦争時の外相の「臥薪嘗胆」と同じく、開戦以外の道を探した筈である。 この記事は東条英機をかばって、国民総懺悔を持ち出しただけである。国際感覚が少しでもあれば、何としても「臥薪嘗胆」に徹する以外にない事は解るはずである。開戦以降に彼が何をしたとしても、開戦を止めようとしなかった彼に弁護の余地はない。た。(2012/02/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長