印刷ページ

 自動車産業では、究極のエコカーである電気自動車(EV)へのシフトが着実に進んでいる。その中で、2012年初頭のビッグニュースはトヨタによる「プリウスPHV」の一般向け発売である。これは、トヨタが2009年から一部法人ユーザー向けにリース販売していたもので、純粋EVではないが、短距離ならバッテリーだけで走行(EV走行)できるので、「準EV」と考えられる。日本最大手トヨタの参入で、日本のみならず、世界の自動車産業の電動化が加速すると期待できる。

PHVは八方美人

 プラグインハイブリッド車(PHV)は電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)の「良いとこ取り」をした車である。EVとして走る時にはCO2を出さず、HVとして走る時には航続距離の心配がない、というわけだ。

 「プリウスPHV」のベースになった車は3代目「プリウス」。元のバッテリーはニッケル水素電池で容量は1.3キロワット時。スタート時は基本的にモーターのみで発進し、すぐにガソリンエンジンがかかり、その後は、両者を最適に使い分けて走行する。ここで、発進時以外でも「EV走行」のボタンを押しておけば、ガソリンエンジンがかからずモーターのみで走行できる。ただし、バッテリー容量が小さいので走れるのはせいぜい2キロメートル程度であり、その後は普通のHVに戻ることになる。

 この「プリウス」をベースに、「プリウスPHV」ではバッテリーにトヨタとしては初めてリチウムイオン電池を採用し、容量を3.3倍の4.4キロワット時に増量した。外部電源による充電を可能にし、EV走行距離を26.4キロメートルに伸ばしている。つまり、この距離の範囲内ならガソリンを使うことなく、EVとして使用できるのである。


関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事

  • 日経BP 環境経営フォーラム