• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

EVとしては中途半端な「プリウスPHV」

主役は低コストな改造PHVか?

2012年3月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自動車産業では、究極のエコカーである電気自動車(EV)へのシフトが着実に進んでいる。その中で、2012年初頭のビッグニュースはトヨタによる「プリウスPHV」の一般向け発売である。これは、トヨタが2009年から一部法人ユーザー向けにリース販売していたもので、純粋EVではないが、短距離ならバッテリーだけで走行(EV走行)できるので、「準EV」と考えられる。日本最大手トヨタの参入で、日本のみならず、世界の自動車産業の電動化が加速すると期待できる。

PHVは八方美人

 プラグインハイブリッド車(PHV)は電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)の「良いとこ取り」をした車である。EVとして走る時にはCO2を出さず、HVとして走る時には航続距離の心配がない、というわけだ。

 「プリウスPHV」のベースになった車は3代目「プリウス」。元のバッテリーはニッケル水素電池で容量は1.3キロワット時。スタート時は基本的にモーターのみで発進し、すぐにガソリンエンジンがかかり、その後は、両者を最適に使い分けて走行する。ここで、発進時以外でも「EV走行」のボタンを押しておけば、ガソリンエンジンがかからずモーターのみで走行できる。ただし、バッテリー容量が小さいので走れるのはせいぜい2キロメートル程度であり、その後は普通のHVに戻ることになる。

 この「プリウス」をベースに、「プリウスPHV」ではバッテリーにトヨタとしては初めてリチウムイオン電池を採用し、容量を3.3倍の4.4キロワット時に増量した。外部電源による充電を可能にし、EV走行距離を26.4キロメートルに伸ばしている。つまり、この距離の範囲内ならガソリンを使うことなく、EVとして使用できるのである。

コメント10

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「EVとしては中途半端な「プリウスPHV」」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧