• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

メイクを施すと、おばあちゃんの背がスっと伸びた

「女性がキレイになれば復興が進む」--いわせ直美さん

2012年3月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 まもなく東日本大震災から1年がたとうとしている。あらためて、震災で亡くなられた皆さまのご冥福を心からお祈りすると共に、被災された皆さまにお見舞い申し上げる。

 被災地の復興はまだまだ遠い道のりである。我々が思っている以上に進んでいない。ボランティアなどが入っていない山奥には、いまだに手つかずのガレキの山がある。石巻や南三陸などでは仮設住宅での生活を余儀なくされている人たちも多い。もう飲み水は足りているかもしれないが、被災地にはまだ助けが、支援が必要だ。

 震災後初めての3月11日を迎え、すべての人たちにいま一度、震災を振り返ってほしい。そして、小さなこと、できることでいい、たくさんの支援が行われることを願ってやまない。無理はしなくていい、できることを続けようではないか。

 この連載では、1年たった今もなお、被災地への支援活動を笑顔で続ける心優しき人たちを“心 人(こころびと)”と呼ぶ。彼らにスポットを当てることで、少しでも復興をサポートできれば幸いである。

 第1回目の“心人”は、ビューティライフプランナーとして活躍する、いわせ直美さん(32歳)だ。服飾専門学校を卒業した後、エステティシャンやモデルとして活動するかたわら、コスメティックブランド「Nawo」を立ち上げた。「ヌードなプライド」をコンセプトにオリジナルのリップグロスをプロデュースしている。美容ジャーナリストとしてメディアにたびたび登場するなど、常に華やかな世界にいた。

 そんな彼女は宮城県登米市出身。震災前は、都会での忙しい生活の合間を縫って愛犬と共に帰郷し、地元のうまい空気を吸って、ゆっくりするのが大切なリフレッシュだったそうだ。

ビューティライフプランナーのいわせ直美さん。以前はモデル活動をしていただけあって目鼻立ちがハッキリとした美人。明るくて、元気で、多くの人から慕われる人気者である。

 2011年3月11日、2時46分。都内で打ち合わせを終えたいわせさんは、原宿にある事務所に戻ろうと外を歩いていた時に、地震に遭った。かつて経験したことがない大きな揺れが彼女を襲った。ただことじゃないと思って走ろうとしたが、まっすぐに進むことができない。周囲を歩いていた人も、走っていた車も、その場で止まり、立ちすくんでいた。

 近くの小学校では、子供たちが次々にグランドに飛び出していた。ある先生に訊ねると「東北で大きな地震があったそうです」と言う。東北が被災したことを初めて知った。

 あわてて宮城に住む妹へ連絡した……だが電話は通じなかった。その後、何十回、かけ直してもつながらなかった。

 急いで事務所に戻った。エレベーターが止まっていたので階段で7階まで上がった。パソコンを立ち上げニュースを見ると、東北がとんでもないことになっていた。愕然とした。

 母親を8年前に、父親を2年前に亡くした彼女にとって妹は唯一の肉親。妹とその家族(旦那さんと姪っ子たち)の安否が心配でいたたまれず、ツイッターを使って仲間や友人、知人に呼びかけた。「宮城に行きたいので車を貸してください」。すぐに申し出が殺到した。「いわせさんを、ひとりで行かせるわけにはいかない」として、同行を申し出てくれる人もいた。

 しかし、数時間後には宮城行きを断念せざるを得なくなった。東京を出るどころか、都内を移動することさえままならないことを知った。帰宅難民が続出していた。

コメント4

「震災支援活動は終わらせない!~熱き心人がつなぐ絆」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長