• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国が脅える「政権末期の経済危機」

貿易黒字が急減――日・中との外交摩擦もリスクを加速

2012年3月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「また、通貨危機に陥るのではないか」――。こんな恐れが韓国で密やかに広がる。外貨の稼ぎ頭である貿易黒字が消滅し始めたからだ。

14年で3回の経済危機

 韓国のエコノミストが今、不安げに見守っているのが貿易統計だ。韓国は1997年、2008年、2011年の3度に渡り通貨危機、あるいは“準危機”に陥った。いずれも貿易収支の黒字が急減したり、赤字化した時だった。

 サムスン電子や現代自動車の快進撃からは想像しにくいが、韓国は国全体としてはまだ、おカネを外から借りて国内投資に回す債務国の段階に留まっている。

 外国の金融機関は韓国が貿易赤字に陥ると、外貨不足のためにおカネを返せなくなるのではないかと疑って、融資の繰り延べに消極的になる。つまり「外貨の貸しはがし」が起こる。

「IMF」がトラウマに

 1997年の危機は国際通貨基金(IMF)にドルを借りて債務不履行(デフォルト)をかろうじて回避した。見返りに厳しい緊縮政策を実行させられ、倒産は多発、失業率は跳ね上がった。韓国人は日本の併合に次ぐ「第二の国恥」と考え、IMFという単語はトラウマとなった。

 このため、2008年の危機ではIMFを避け米国に泣きついて、いざという時は外貨を貸してもらえる通貨スワップを結び、直ちにドルを借りた。それでも資本逃避が収まらなかったので、日本、中国にもスワップを結んで貰い破綻を回避した。

 韓国に緊張感が走ったのが2012年2月1日。この日に今年1月の貿易収支統計(通関ベース)が発表され、20億3300万ドル(確報値)と、24カ月ぶりの赤字を記録したことが明らかとなったからだ。原油価格の高騰で輸入額が膨らむ一方、実物経済の収縮が世界に広がり、船舶などの輸出が大幅に落ち込んだことが響いた。

コメント8件コメント/レビュー

隣国でありながらマスコミ報道では何もわからないのが韓国。このような高品質な解説が一般マスコミにも存在すればいいのですが。これからもよろしくお願いします。(2012/03/06)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「韓国が脅える「政権末期の経済危機」」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

隣国でありながらマスコミ報道では何もわからないのが韓国。このような高品質な解説が一般マスコミにも存在すればいいのですが。これからもよろしくお願いします。(2012/03/06)

隣国でありながら、分かっているようで分かっていない韓国の姿を改めて見せてくれた好レポート。普段Hundai,Samsungの派手な立ち回りに目を奪われがちだが、決していいことずくめの国ではないことがみえてきた。北朝鮮の崩壊を何より恐れていることがよくわかった。この文脈で日本海の呼称を含めた領有権の問題を捉えると面白いことになる。(2012/03/06)

液晶TVやスマートフォンの輸出で飛ぶ鳥を落とす勢いですが国レベルでみると儲けるビジネスをしていないのですね。結局は安売りで日本が得意としていた市場を荒らしただけ。日本が撤退するのを見計らっておいしいビジネスを目論んでいるのでしょうかね。スワップの件も人が良すぎるというか上手く外交に活かせるような交渉方法もあったろうに、じらして相手が頭を下げる頃を見計らって協定を結べば竹島侵略、従軍慰安婦ねつ造問題も少しは鎮火したかもしれません。(2012/03/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長