「世界を読む 指標100」

スマホ前面に事業転換

通信セクター

  • 増野 大作

>>バックナンバー

2012年3月12日(月)

1/2ページ

印刷ページ

 通信各社がスマートフォンの大規模な値引き戦略に出ている。インフラ整備コストの増加懸念もあるが、利益は適正水準へ。スマホブームを周辺ビジネスに波及できるかが問われている。

 通信セクターではスマートフォン(高機能携帯電話)の普及が、より重要性を増している。この2〜5月は、春の学生向けキャンペーンを各社が大々的に打ち出しており、スマホを前面にし、パケット通信料、基本通話料ともに昨年よりも値引き率が高い。

 これは、潜在的な収益機会を前に、いち早く顧客をスマホに移行させようとしているためだ。顧客の囲い込みで、販売戦略がヒートアップしている。

 ソフトバンクが先行していたスマホの国内における普及率は、2012年3月期に前期の8%から23%に、来期には39%になると予測している。この2〜3年が普及の山場だ。スマホの普及は、データ通信量の増大だけでなく、ほかの通信事業や端末の販売にもつながる可能性がある。

 例えばKDDIの今春のキャンペーンでは、単なるスマホの値引きだけでなく、他社との提携も活用することで、光ケーブルによる固定回線やケーブルテレビとスマホとのパッケージ割引を打ち出している。

 日本は携帯電話や固定回線などトータルの通信料金が海外に比べても割高だが、こうしたキャンペーンによって変化がもたらされるかもしれない。通信各社にとっても、利用者の増加は、固定費負担の軽減につながるメリットがある。

 また、米アップルの「iPad」のようなタブレット端末や、無線LAN(構内情報通信網)用の携帯ルーターなどの端末も、スマホと組み合わせることで、今後の販売増加が見込める。各社はスマホという新たな商機を軸に、ほかの通信インフラや端末との最適な“順列組み合わせ”を模索している状況だ。

 足元では、データ通信量は伸びているが、一方でユーザー1人当たりの売上高は下落が続いている。値引きキャンペーンの過熱で、当面は低下が続くが、数年をかけて横ばいになるだろう。

ここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。登録(無料)やログインの方法は次ページをご覧ください。



関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

コメントを書く

コメント[0件]

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事