• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

TSIホールディングス、社長解任のナゼ

東京スタイルとサンエーの埋めがたい「社風」の違い

2012年3月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、アパレル業界を驚かせた出来事があった。TSIホールディングス(HD)の中島芳樹社長の解任劇である。

 2011年6月に東京スタイルとサンエー・インターナショナルが経営統合してできたTSIホールディングスは合併からわずか8カ月後の2012年2月23日、中島芳樹社長を解任し、三宅正彦会長が社長を兼務するという人事を発表した。

 経営層に近い事情通も軒並み「寝耳に水」「青天の霹靂」との感想を漏らしており、現時点では原因を知る者はごく少数に限られているようだ。なんという不可解な事態。

「赤字決算」が解任理由の不可解

 解任の理由として2月23日付の日経新聞は次のように説明している。

 「TSIHDは売上高で業界3位。統合時に東スタ社長の中島氏がHD社長に、サンエーの三宅会長が同会長に就いた。統合後、若者向けブランドを買収するなど業容の拡大を進めたが、2012年2月期の連結最終損益は70億円の赤字になる見通しだ。傘下の事業会社である東スタの婦人服が販売不振なほか、買収したアパレル会社ののれん代の償却費用が負担になる」。

 記事を読む限りでは「販売不振で赤字に陥ったために責任を取らせて社長を解任した」と理解できる。しかし、この説明を信じているアパレル業界人は筆者を含めて1人もいないのではないか。

 2012年2月期連結決算で70億円の最終赤字になる責任があるとはいえ、東京スタイルは現預金を豊富に持っている。2001年2月期には現預金と短期の有価証券が1200億円超に達し、筆頭株主となった村上世彰氏のファンドから株主提案を受けた。2011年2月期時点でも株主資本比率が85%近くある「優良企業」である。

 それに引き換えサンエーはここ2~3年、経営が厳しかった。経営統合直後の2011年8月期の決算(単独)では、売上高は701億4800万円だったものの純損失が76億3400万円と赤字に終わっている。同期の流動負債が224億円であるのに対し、流動資産は199億円で流動比率は100%を下回っていた。業界関係者の多くは「豊富な現預金を所有している東京スタイル出身の社長が70億円の赤字が原因で解任されることはあり得ない」と考えているに違いない。

 東京スタイルはその豊富な資金力を競合各社に見せつけるかのように、ここ数年の間に人気ブランドを展開する企業を積極的に買収し、その傘下に収めてきた。

 2003年には「ナノ・ユニバース」を展開するリウラボを、2004年には「ステューシー」を展開するジャックを、2008年には「トルネードマート」「ハイストリート」を展開するスピックインターナショナルを買収した。

 2011年に入ってもその勢いはとどまるところを知らない。

 「ザ・ファースト ウィメン」を展開するフィットに続き「ローズバッド」を展開するローズバッドと「スラップショット」を展開するエレファント、「アプワイザー・リッシェ」を展開するアルページュ、「goa」を展開するWAVE International、と2011年だけで5社を立て続けに買収した。

コメント0

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「TSIホールディングス、社長解任のナゼ」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員