• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第6回 広がり始めた震災破たん、時間はもうあまりない

2011年7月23日(土)岩手県上閉伊郡大槌町にて

2012年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 岩手県大槌町は遠洋漁業や捕鯨の町としても名高い。
 この第72昭栄丸も震災直後に津波で打ち上げられた大型遠洋船だ。

「汽笛はもう鳴らない」(岩手県上閉伊郡大槌町)

 草原の中に朽ち果てたこの船を見た時、汽笛がふたたび鳴る日がくるのだろうか…と思い、この題名をつけた。

大型遠洋船・第72昭栄丸(2011年7月)

 しかし、昨年末、盛岡での展示会の様子をテレビで見た船主から私に 連絡が入った。

 「この船はドックまで曳引されて現在修理中になんです。もう少しし たらまた漁に出られるようになりますよ!」

 そして、同様に打ち上げられた船のひとつはすでに復帰しサンマ漁に参加したとのことだった。

コメント0

「被災地に通い続ける派遣社員兼画家の描いた1年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック