• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界で迷走、核のゴミ

  • 山根 小雪,大竹 剛

バックナンバー

2012年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「核のゴミ」の地層処分計画は、世界各地で国を揺るがす問題となっている。脱原発のドイツでは計画が白紙に戻った。順調に計画が進む稀な例はフィンランドくらい。解決には時間をかけた合意形成が必要だ。今回も日経ビジネス2012年1月30日号特集『原発の後始末』の内容を再録する。

ドイツ

政府の信頼失墜 対立する地域社会

 昨年11月末、人口700人ほどの北ドイツの田舎町ゴアレーベンで、2万5000人ものデモ隊と1万8000人の警官隊が衝突した。デモ隊の中には、体を電車の線路に縛りつけたり、トラクターで道路を封鎖したり、実力行使に訴える者も少なくない。特殊な容器に格納した「死の灰」とも呼ばれる高レベル放射性廃棄物が、中間貯蔵施設に搬入されるのに抗議するためだ。

ドイツの処分場候補地ゴアレーベンでは、岩塩層で調査目的の掘削が続く

 ドイツは2005年まで、フランスと英国に使用済み燃料の再処理を委託してきた。死の灰はこの再処理の過程で出るもので、1996年からほぼ毎年、フランスからドイツに引き渡されてきた。例外は2006年だけ。サッカーワールドカップの警備で輸送経路の安全確保が手薄になり、輸送そのものを見送ったからだ。

 死の灰が搬入された中間貯蔵施設は、最終処分場の候補地に隣接している。過去20年間、処分場計画に反対してきたヘイコ・イェーガー氏は、「政府は核のゴミを持ち込み始めることで、ここへの処分場建設を既成事実化している」と怒りをあらわにする。

 ゴアレーベンが最終処分場の建設予定地に決まったのは、この場所に地層処分に適している岩塩層があるからだ。「ソルトドーム」と呼ばれる巨大な岩塩層は2億4000万年前のもので、今後も100万年は安定的とされる。

 だが、候補地に選ばれた理由が科学的な根拠だけだと信じる住人は、まずいない。当時は冷戦のただ中。旧東ドイツに接するこの地域は、産業もなく貧しさに喘いでいた。原子力施設を造れば雇用対策になる。しかも普段、風は西から東に吹く。「事故があっても、放射能は東ドイツに流れていく、と政府は考えたのだろう」(イェーガー氏)。

コメント0

「原発の後始末」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員