• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「林地残材でバイオマス発電」は邪道

FITを生かすも殺すも買い取り価格の決め方次第

  • 泊 みゆき

バックナンバー

2012年3月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年8月、菅直人首相の辞任条件になるなどの紆余曲折の末、再生可能エネルギー電力全量固定価格買い取り制度(FIT)の導入を柱とする「電気事業者による再生可能エネルギー調達に関する特別措置法(FIT法)」が成立した。

 このFITは、すでに世界80以上の国や地域で導入されている、再生可能エネルギー電力を固定価格で買い取ることで、利用拡大を促す制度である。日本のFIT法は、2012年7月の施行が予定されているが、各電力買い取り価格が決まるのは5月以降になるらしく、関係者をやきもきさせている。

 電力買い取り価格は、低すぎれば再生可能エネルギー電力の増大に結びつかないし、高すぎれば、国民や産業界の負担が過剰になる。条件やポテンシャルによって、適切な設計が重要である。

「林地残材は使えない」から使われない

 特にバイオマス発電では、
(1) バイオマスが建材や紙パルプ、飼料など他の用途と競合する
(2) エネルギー利用としても発電だけでなく熱利用もある
(3) 燃料となるバイオマスの輸入が可能である
(4) 適切な対策がとられないと森林をはじめとする生態系の破壊や、化石燃料以上の温室効果ガス排出につながる可能性がある
――といった他の再生可能エネルギーと異なる特徴があり、十分な配慮が必要となる。

 日本のバイオマス資源のうち、使いやすい建設廃材などは、すでにほとんど使われており、今後、利用拡大が可能なのは、林地残材と食品廃棄物などの水分量の多い廃棄物バイオマスである(下図)。特に切り捨て間伐材などの林地残材は熱量が最も多いため、大きな期待がかっている。

コメント5件コメント/レビュー

ちょっと考えてみました。木材を燃料として稼働し、急傾斜地での作業が可能で、伐採と破砕を同時に行い、最寄りの林道で待つバラ積みトラックまでパイプラインで送付しながら、一人もしくは無人で運転ができる伐採マシンがあったなら、放置林の資源化、燃料化が促進できそうです。これを持って、全国へ伐採請負に出かける商売ができるといいのでは。(2012/03/16)

「再生可能エネルギーの雄、バイオマスの底力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ちょっと考えてみました。木材を燃料として稼働し、急傾斜地での作業が可能で、伐採と破砕を同時に行い、最寄りの林道で待つバラ積みトラックまでパイプラインで送付しながら、一人もしくは無人で運転ができる伐採マシンがあったなら、放置林の資源化、燃料化が促進できそうです。これを持って、全国へ伐採請負に出かける商売ができるといいのでは。(2012/03/16)

すごくわかり易く、勉強になりました。今回はイロハのイかも知れませんが、ご著書はじめ本も読み進めてみようかと思います。生産性や社会全体での適切な管理(他用途との競合、自然破壊を防ぐなど)の問題さえクリアできれば、バイオマスの燃料源は太古から人間が得てきた燃料源に近いし、地面と人間の管理とで毎年再生産ができ、CO2も吸着するしで、自然のサイクルに近い、いいことだらけの方法のように思え、期待しています。(2012/03/16)

バイオマスは木材だけでなく、穀物や海藻、食べ残しも対象になり得るので幅が広い。 資源の種類としてだけでなく、利用方法も、火力発電、ガス発生、オイル生成、等々幅が広いので、我々素人にもどういった形態が夫々の地域に有効なのかアイデアが無い。 多分、殆どの政治家達も大同小異ではないだろうか。 従って、バイオマスの発展に関しては専門家が積極的に政治や社会に打って出るしか道がないのではないだろうか。 積極的な働きかけに期待する。(2012/03/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者