• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界からツウが集まるSUSHIアカデミーを作れ!

第2限:DeNA、三菱商事、ユニ・チャームの3人が閃いたアイデア

  • 大角 理佳

バックナンバー

2012年3月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自社の商材や人脈、ノウハウなど、持てる資源を自由に活用し、チーム内でアイデアをつなげながら、持続性のある東北復興モデルを考える――。藤原和博氏によるビジネススクールWEB版、前回は、地元の素材を集めた弁当などというアイデアが提案された。今回登場する2チーム目は、名付けて「魚町チーム」。メンバーは、ユニ・チャームの植前智氏(34歳)、三菱商事の中川剛之氏(36歳)、ディー・エヌ・エーの西 雅彦氏(38歳)の3人だ。

 1時間のグループディスカッションでは、各自がまずはじっくりと考える時間を持ち、壁にアイデアを張り出しながら共有した。テーマは、「石巻の水産業復活」。最初は「福島県の農業再生」を考えていたが、放射能問題を含むことから、短時間では難しいと断念した。ただ、「どちらも、買い手の拡大や担い手の再集積の問題があったので、アイデアの横展開ができました」と、西氏。

 途中、なかなか個性的な案に落ちていかないことが3人とも引っかかっていたようで、しばしば沈黙の時間が。「ありがち感に一石投じたいですねぇ…」と中川氏がポツリとつぶやいた。
 プレゼン直前、他チームがホッとした雰囲気のなか、最後まで緊張感のある表情で、作業に追われていた3人だったが、果たしてアイデアはまとまったのか。

《プレゼンテーションタイム》

中川:我々はユニ・チャームさんとディー・エヌ・エーさんと、三菱商事の私です。
 最初にアイデア出しをしたときに、東北で産業っていえばベタですけど、やっぱり水産業だね、と。本当は何か奇抜なアイデアで、ここに出た瞬間に笑いが取れるくらいのものを出したかったんですけど、やっぱりシンボリックなどこかひとつの町をまず復活させるべきじゃないのかなということで、「魚町」という、その名もズバリの町をまず復活させて、ブランド化させていこうと考えました。

 東北に対して今、いろいろな支援がされて、たくさんのお金も注入されています。しかし、まんべんなく青森から茨城、千葉の被災地域にお金と物が散ってしまっているが故に、復興のスピードが一様に遅くなってしまっているという現実があるんじゃないかと思いました。そのお金をまずひとつの町に集めて支援をしたらどうでしょう。一発で復活できるほどの金額なのかもしれません。

中川剛之氏(36歳)
三菱商事
環境・CSR推進部 環境・CSRチームマネージャー
☆「個人的には昨年の3月下旬、車を借りて支援物資を積めるだけ積んで、いわきに向かいました」。翌月4月には会社の先遣隊として仙台、石巻へ。すぐに全社挙げてのボランティア活動を開始した。被災地で汗をかいた社員の数は1200人以上

 ですから、石巻をトップランナーに見立てて、全力でまず石巻の復活を目指します。そのことで、水産業全体に対する気持ちの活性化もあるでしょうし、実際にそこで「儲かるビジネス」「成り立つ水産業」というものを復活させる。
 宮城県が打ち出した水産業の復興プランには賛否両論があるかもしれません。集積拠点漁港ということで、5つの漁港が選ばれております。その中にある石巻漁港をさらに1回特化して、テコ入れしようというコンセプトです。

 そのきっかけとして、1つ目は、寿司屋さんを復活させていきたい。「石巻に行ったらまず寿司を食べよう」と思わせるように、寿司の町としてブランド化を図っていくことですね。

コメント0

「藤原和博の復興ビジネススクールWEB版」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授