• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最終回 生き残った元気を取り戻さないと、亡くなった人たちも浮かばれない

2011年7月27日(水) 岩手県下閉伊郡田野畑村羅賀港にて

2012年3月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今週末、田野畑村のサッパ船アドベンチャーが再開されるんですよ」
 島越港で絵を描いていると満面の笑みで語りかけられた。

 「サッパ船アドベンチャー」とは景勝地として名高い北山崎を、地元ではサッパ船と呼ばれる磯舟で遊覧する体験型遊覧だ。

断崖絶壁の北山崎は遠望する限りそのままの景色だった(2011年7月)

 津波ですべての小舟が流されたのだが、寄付金で購入した4艘で再開にこぎ着けたのだ。

 翌朝、このサッパ船を描こうと羅賀漁港へ向かう。
 港に面したホテルは津波で4階まで破壊され、傾いた港に小さなサッパ船が係留され出発の時を待っていた。

「復興への船出」(岩手県下閉伊郡田野畑村羅賀港)

 この時点では宿も交通も復興途上で、観光客が戻るかは未知数という状況だった。

漁港前の羅賀荘は現在も営業休止中である(2011年7月)

コメント0

「被災地に通い続ける派遣社員兼画家の描いた1年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長