• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日銀・脱デフレ宣言は新生ソロスの“受胎告知”

円安・株高招いたゲームチェンジャー

2012年3月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日銀による事実上のインフレ目標の導入が円安・株高旋風を巻き起こした。円高是正を喜ぶ国内勢とは裏腹に、一部の海外勢は日本の財政規律の緩みを突いて円を売り始めた。通貨安防衛の限界を見越した投機大戦の再来かもしれない。

 久しぶりに、日本からゲームチェンジャーが現れた――。2月14日に、「物価安定の目途」を導入した日銀の金融政策姿勢について、多くの外国人投資家からの問い合わせが日本のエコノミストたちに殺到している。

6円強も円安が加速

 円の対ドル相場は「目途」導入前の1ドル=77円台半ばからほぼ1カ月間で、11カ月ぶりとなる84円台まで一時下落し、6円強も円安が加速。輸出企業の為替採算の改善を好感した株式市場ではこの間、日経平均株価が1100円も切り上がり、8カ月ぶりに1万100円台を回復した。

 日銀はそれまで、中長期的な物価安定を見なす基準として、「物価安定の理解」を用いてきた。これは、日銀の政策決定を担う政策委員会の審議委員たちがそれぞれ持つ物価観の水準から割り出した平均値で、あくまでも参考値にすぎなかった。

日銀は脱デフレを強くアピールする姿勢に転換

 一方、今回の「目途」は、英語表記を「goal(ゴール)」とし、米連邦準備理事会(FRB)が1月に導入した目標を表す言葉と同じにした。「(これまでと違い)政策委員会としての判断を示したもの」と白川方明総裁が強調するように、中央銀行として今後の金融政策を遂行する上で意図する物価目標と位置づけられる。その目途の当面の水準は「前年比1%上昇」と明示。それが見通せるようになるまで、実質的なゼロ金利政策と量的金融緩和を推進していくと断言した。

 その強い政策姿勢をさらに印象づけたのが、3月13日の金融政策決定会合後の発表文だ。2月の段階で、最後の項目に置いていた「デフレからの脱却」の文言を、一番頭に持ってくることによって、脱デフレのメッセージを強めた格好だ。

 一連の宣言から、「日本が長らく苦しんできたデフレの解消に向け、日銀はさらに金融緩和を強化するのではないか」という、今までには見られなかった政策姿勢の本気度を感じた市場参加者は、今後のグローバルマーケットの展開の鍵を握るとして、日銀の今後の一挙手一投足に細心の注意を払わざるを得なくなった。

コメント2

「Movers & Shakers」のバックナンバー

一覧

「日銀・脱デフレ宣言は新生ソロスの“受胎告知”」の著者

松村 伸二

松村 伸二(まつむら・しんじ)

前日経ビジネス副編集長

日刊紙の日本経済新聞、リアルタイム速報の日経QUICKニュース(NQN)、テレビの日経CNBC、週刊誌の「日経ビジネス」と、日経グループの様々な媒体を渡り歩き、マーケット記事を中心に情報発信を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長