• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アップル、グーグルに圧倒的な支持

「ブランド・ジャパン2012」調査結果の詳細

  • 吉田 健一

バックナンバー

2012年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、国内外計1500のブランド力評価調査「ブランド・ジャパン2012」の結果を3月30日に発表した。一般消費者が企業や商品・サービスブランドを評価する「コンシューマー市場(BtoC)編」、ビジネスパーソンが企業ブランドを評価する「ビジネス市場(BtoB)編」の2種類の結果で構成される。

 東日本大震災発生後、初めての実施となる今回の調査結果の特徴としては、ネット・デジタル系企業のブランド力のさらなる向上と、震災復興支援活動による企業ブランド力上昇の2つが挙げられる。

BtoC編ではAppleが初の首位

 BtoC編のブランド総合力ランキングでは、米「Apple」が本調査初の首位となった。2010年の40位、2011年の11位から、今回は一気に首位へと駆け上がった。続く2位には、アップルと僅か1.5ポイントの差で、前回首位の米「Google」が入った。

コンシューマー市場(BtoC)編(消費者による評価)
画像をクリックすると全体のランキングがご覧いただけます

 いずれも米国を代表するIT(情報技術)企業であり、創業者や経営者の企業理念の体現が、高いブランド力につながったと言える。さらに、この2社はともにブランド力が高い商品・サービスを持つ。前回と比較すると、Appleは「iPad」が90位から15位に、「iPod」が50位から18位に、そして「iPhone」が73位から38位へと大きくランクアップし、主力3商品がすべてトップ50位内に入った。

 Googleは動画共有サイト「YouTube」が4位(前回 7位)となった。商品・サービスブランドと企業ブランドのそれぞれが連携することで、よりブランド力を高めている好例と言えよう。

 一方、ブランド力「上昇」ランキングでは、米SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「Facebook」がトップとなった。認知率も43.1%から92.2%にまで急上昇。次回以降の調査でも目が離せないブランドの1つだ。

コメント0

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック