• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鳩山由紀夫の「大政奉還」と鳩山一郎のユートピア

自民党政権の形成と高度成長の時代(前編)

  • 村井 哲也

バックナンバー

2012年4月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

2人の祖父と自民党政権

 「官僚の政権奉還」。政党政治が崩壊した1939年11月、「鳩山一郎日記」の一節だ。陸軍をパトロンに特権階級を気取る官僚が、明治維新の原理を蔑にしていると痛烈に批判する。

 「吾人は被圧迫民族、官僚は優秀民族。命令と号令で駆け出す事は軍馬も軍用犬も能する…日本の政治原理は国民の懿徳良能(いとくりょうのう)が国事の負担を分って陛下の大政を将順し、国家の進運を扶持するにある」。国民を基盤としてきた政党人の意地だ。それから70年、この一節が鳩山由紀夫の所信表明演説で甦る。

 「今日の維新は、官僚依存から、国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への、国のかたちの変革の試みです」。(2009年10月)

 鳩山一郎は、戦後では吉田茂を官僚政治と批判して政権交代を実現している。1954年12月のことだ。つまり、祖父の流儀にならい、その孫は自民党を官僚政治と批判して政権交代を実現した訳である。相手は、吉田の孫・麻生太郎。これも因縁だ。

 「大政奉還」は実現したのか。顛末は周知の通りなので言及しない。それでは、祖父の「大政奉還」は実現したのか。こちらは言及する必要がある。鳩山一郎は、自民党で最初の首相となっているからだ。その孫が、官僚政治と批判した政党ではないか。

 鳩山は、戦時は陸軍に睨まれ、占領でGHQに追放される不遇をかこった。さらに脳溢血で不自由な身ながら、占領後に反吉田勢力を民主党に結集させる執念で首相となる。「御輿」と揶揄されたが、1955年11月に自由党との保守合同で自民党を誕生させ、翌年12月に日ソ国交回復で国連加盟と抑留者帰還に道筋をつけ退陣した。

 近年の首相に比べれば、堂々の業績だ。そもそも、「御輿」に担がれるには高度な政治技術がいる。誰でもなれる訳でない。それでは、時代はなぜ、吉田ワンマンから鳩山の「御輿」を必要としたのか。

 そこに、様々な選択肢がありながら、やがて形成される自民党政権の意思決定システムを解き明かすカギがある。そして、この形成に強烈なインパクトを与えたのが高度成長だった。自民党政権が誕生した1955年は、同時に高度成長が始まった年になるからである。

コメント3

「首相の権力~この国はどう決断してきたのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏