• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ニコ生」な小沢一郎と最長政権の佐藤栄作

自民党政権の形成と高度成長の時代(中編)

  • 村井 哲也

バックナンバー

2012年4月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

忘れ去られた「啐啄同機」のメッセージ

 政治家の仕事の1つは、学者とメディアに罵詈雑言を浴びせることだ。学者は、現場を知りもせず机上の空論をまくし立てる。メディアは、肝心なことは報道せず意図的な編集をする。同情に堪えない。

 だが、罵詈雑言すら場所を選ばざるを得ない政治家がいる。小沢一郎だ。いわゆる「カネ」をめぐる報道は、検察リークと記者クラブのあり方を問い直すほど過熱した。既存メディアへの不信から口を閉ざした小沢は、ネットメディアに場所を得る。

 媒体名からして、強面イメージに合わない。いや、ニコニコ動画な小沢は饒舌だった。「多くの人にオープンで、意見を言えるし、それに対して僕も反論できる…多くの方に分かってもらえる」。ネット中継なら、意図的な編集もなく国民に真意が伝わるはずと言いたいのだ。

 その小沢は、佐藤栄作政権の1969年12月に初当選している。佐藤派に属したが、その親分の既存メディアへの不信も相当に鬱積していた。それが爆発したのは、1972年6月の首相退任会見だ。「私はテレビを通して国民にご挨拶する」「新聞記者は出て行け」。記者が一斉に退席した会見場で、退任挨拶がテレビ中継された。

 有名な逸話だが、異様な会見で忘れ去られたメッセージがある。「啐啄同機(さいたくどうき)」だ。禅家の言を授けたのは、政財官界の指南役と呼ばれた安岡正篤。玉音放送の推敲や平成の元号で知られる。

 卵がフ化する時、ヒナは殻を突ついて知らせる(啐)。すると母ドリは、殻を割って助ける(啄)。機を同じうせねば新しい生命は誕生しない。玄妙な自然界の摂理を政治になぞらえた。国家の最高権力者は、歴史の流れを洞察して大事を決断する時機を誤ってはならぬ。

 今こそ噛み締めたいメッセージだが、これが忘れ去られた会見場で茫然自失の男がいた。7年8ヵ月の最長政権で沖縄返還を実現しながら、国民に全く不人気の佐藤を支えてきた楠田実だ。首席秘書官として、初めて本格的で組織的なブレーン集団を作り上げている。

 近年は、誤った政治主導や拙速な決断がはびこり、機能しないブレーン機関が唱えられる。では、どんな意思決定システムならお手本になるのか。もちろん政治に正解など存在しない。だが、佐藤と楠田による「啐啄同機」の政治主導は、少なくとも知っておいて損はない。

コメント1

「首相の権力~この国はどう決断してきたのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官