• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

潜在能力高い風力発電、FITの条件次第で普及へ

世界は5年間で発電量3倍に

2012年4月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 遅ればせながら、日本でも再生可能エネルギーブームが到来しそうである。政府も「2012年は再生可能エネルギー元年」という言葉を使い始めた。固定価格買い取り制度(FIT)が7月より導入され、買い取り条件を決める委員会を経て、5月中旬までには条件が提示される予定である。

 本連載は奇しくも、委員会での検討時期と重なる。しばらくは、委員会の検討状況をも横目に、個々の再生エネ技術に焦点を当てながら、再生エネ普及のあり方を探っていくこととする。

 前回はイントロダクションであったが、今回から各論に入る。まずは、最も潜在的な可能性が高いと期待されている風力である。シリーズのはじめの段階であることや他エネルギーと比較して理解することが重要なので、横並びの記述も多くなるが、ご容赦いただきたい。

経済性、潜在性、迅速性、環境性の4拍子そろう

 世界的には、ここ10年来再生エネブームが続いている。欧州が牽引し米国、中国などに伝播したが、主役は風力発電である。世界の電力需要の2.5%は風力で賄われている。電力に占める風力の割合が高い国を挙げると、デンマーク20%、ポルトガル16%、スペイン16%、アイルランド12%、ドイツ7%である。EU全体では6%で、中国と米国が2%、そして日本は0.4%となっている。

 新規に設置された発電設備では、その10%以上は風車である。米国とEUでは35%以上を占め、発電設備の4%以上は風力発電となっている。こうした動きは、今後も続いていくと予想されている。多くの国は、電力需要の20%を風力で賄おうとの目標を掲げている。

 風力発電が急速に普及している背景は、再生エネのなかではコストが低い(経済性)、資源が豊富にある(潜在性)、開発から運転までの期間が短い(迅速性)という長所が評価されているからである。ライフサイクルでみたときの二酸化炭素の排出も少ない。

 資料1は、前回も掲載したが、IPCCが2011年5月に公表した種類別のコスト比較である。ライフサイクルベースのコストであり、最小値、中間値、最大値が示されている。黄色い部分は既存の大規模発電のコストであるが、ほぼ火力発電と考えていい。再生エネのなかでは水力や地熱が低位にある。これは、超長期にわたる耐用年数ベースでは、そのメリットを発揮できることを意味している。一方で、民間資本が想定する事業期間を超える場合が一般的で、初期投資負担が重く、それを軽減する支援措置が必要になる。風力は比較的投資回収期間が短い種類の中では、高い経済性を誇っている。

資料1 再生可能エネルギーのコスト比較

コメント2件コメント/レビュー

私の住んでいるところは九州北部、山間の川がそばにあり、盆地のため、夏は暑く冬は雪が降ります。しかし、川風が強く玄関の戸がすぐしまってしまうほど、この風の力生かせないものかと、原発事故後、特に思うようになりました。風の向きの不定期なところも全方位型に対応して、風力の不安定なところも、歯車の数を増やしていくことで、技術的にカバーできるのではないでしょうか。ただ自然相手、どこまで行っても安定できるかどうか、そこを、蓄電の車、各家々の壁、屋根、床下材料に置き換えることで、防音、断熱効果と一挙両得になるのではないでしょうか。庭の片隅に追いのぼりを立てるポールにセットできれば、送電線のコストもかからず、自給自足できませんか?ただし、渡り鳥の激突を防ぐ羽の構造、羽が回るときのうなる音をどう消音していけるか、羽を小さくしてもパワーのあるものを作ってもらえればと期待しております。(2012/05/26)

「再生可能エネルギーの真実」のバックナンバー

一覧

「潜在能力高い風力発電、FITの条件次第で普及へ」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私の住んでいるところは九州北部、山間の川がそばにあり、盆地のため、夏は暑く冬は雪が降ります。しかし、川風が強く玄関の戸がすぐしまってしまうほど、この風の力生かせないものかと、原発事故後、特に思うようになりました。風の向きの不定期なところも全方位型に対応して、風力の不安定なところも、歯車の数を増やしていくことで、技術的にカバーできるのではないでしょうか。ただ自然相手、どこまで行っても安定できるかどうか、そこを、蓄電の車、各家々の壁、屋根、床下材料に置き換えることで、防音、断熱効果と一挙両得になるのではないでしょうか。庭の片隅に追いのぼりを立てるポールにセットできれば、送電線のコストもかからず、自給自足できませんか?ただし、渡り鳥の激突を防ぐ羽の構造、羽が回るときのうなる音をどう消音していけるか、羽を小さくしてもパワーのあるものを作ってもらえればと期待しております。(2012/05/26)

日本には風力発電適地が少ない。 更に経済性を考えると平地の面積当たりの人口が多いため、人家から離れた平地を探す事が困難である。 海上はと言えば、ドイツに限らず、日本と比べて遠浅で建設コストも低く、多額の漁業保証費用も不要だ。 この様に条件の悪い日本に何故多くの知識人が『もっと風力発電を』と発言するのか理解出来ない。 日本の山地は多いが、建設費用は高く、風向が一定せず、突風で風車が壊れる事故も既に起きている。 『世界で伸びているから』というだけで『日本にも』は単純過ぎる。 日本の事前条件や土地利用のあり方、建設コスト等を踏まえて、最適な再生可能エネルギーを地域別に検討すべきではないか。 例えば人口密度も低く、平地も広い北海道は風力、東北は地熱、中部地方は小規模水力、と言った具合に。 一律に風力や太陽光、地熱、と言った議論は過去のものにすべきで、今後はより具体性に満ちた提案や計画を提示すべきではないかと思う。(2012/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長