• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

激しさ増すソーラー・ウォーズ、激変する世界情勢

「グリッドパリティ」に近づく太陽光発電【1】

2012年4月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 その名の通り明るいイメージがある太陽光発電であるが、最近やや暗い報道が多い。ソーラーパネルの需給バランスが崩れ価格が大きく下落し、パネルなどのメーカーは大幅赤字に苦しむ。米国では主要メーカーの破綻が相次いだ。4月2日には世界をリードしてきたドイツの象徴ともいえるQセルズの破綻が判明した。

 一方、世界市場は拡大を続けており、FIT(固定価格買い取り制度)が導入される日本も成長市場として世界から注目されている。はやくもメガソーラへの期待が異様ともいえる盛り上がりを見せる。

 数回にわたり、太陽光発電の動向を紹介する。今回は、激変する世界市場の動向について解説する。

欧州経済危機にもかかわらず2011年も世界市場拡大

 太陽光発電は、2010年に世界で約1700万キロワット設置された。約8兆円の産業である。市場規模は、需要ではEUで8割を占める。また、パネル生産では中国・台湾が6割、日本1割を占める(資料1)。本社所在地から欧米に分類されていても、工場はアジアにある場合が多い。アジアでつくって欧州に売るという構図である。種類別にみると、結晶シリコン系が9割、化合物系を主とする薄膜系は1割である。2011年は、欧州経済危機もあり需要不振が噂されたが、速報では約2600万キロワット設置となった。

資料1.太陽電池の生産量(2010年)
(資料)PV News.2011.5およびPV News.2011.7
(出所)経済産業省

 太陽光発電の設置量は、2000年に入って以降、高い成長を続けてきている。年間設置量をみると、2006年158万キロワット、2007年251万キロワット、2008年617万キロワット、2009年726万キロワット、2010年1663万キロワットと急増している。2010年は、ドイツが741万キロワットと驚異的な数字となり全体の44%を占め、前年(381万キロワット、52%増)に続き牽引役となった。2010年末時点の累計では、3953万キロワットとなっている(資料2、出所EPIA:European Photovoltaic Industry Association)。

資料2.世界の太陽光発電設置量推移と見通し
(注)各国の2015年予想値は、Moderate値とPolicy-Driven値の平均
(資料)EPIA Global-Market-Outlook2015(2011/5)
(出所)ソーラーフロンティア株式会社

 EPIAは2011年から2015年までの導入量を予想しているが、低成長型で年率7.6%、政策誘導型で年率21.5%の伸びを見込んでいる。前者では2011年1333万キロワット、2015年2115万キロワットで、後者では2011年2393万キロワット、2015年4390万キロワットである。

コメント1件コメント/レビュー

再生エネルギーなど20年後にも数%しかならず、太陽光発電など補助金で成り立つだけのものとの考えが主力である。従って、福島原発事故にもかかわらず、原子力発電復活にかける、政府、官庁、財界、メディア一眼となって邁進しているのが日本の現状である。ところが太陽電池の急激な値下がりにより、太陽光発電が競争力を持ちだしつつある、世界の動きに注目すべきだ。日本は緯度の関係でドイツより太陽光は強く、それだけ有利であり、また蓄電池技術の向上、風力、地熱発電との組み合わせなど、真剣に取り組むべきだと思う。(2012/04/12)

「再生可能エネルギーの真実」のバックナンバー

一覧

「激しさ増すソーラー・ウォーズ、激変する世界情勢」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

再生エネルギーなど20年後にも数%しかならず、太陽光発電など補助金で成り立つだけのものとの考えが主力である。従って、福島原発事故にもかかわらず、原子力発電復活にかける、政府、官庁、財界、メディア一眼となって邁進しているのが日本の現状である。ところが太陽電池の急激な値下がりにより、太陽光発電が競争力を持ちだしつつある、世界の動きに注目すべきだ。日本は緯度の関係でドイツより太陽光は強く、それだけ有利であり、また蓄電池技術の向上、風力、地熱発電との組み合わせなど、真剣に取り組むべきだと思う。(2012/04/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長