• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

NokiaとAppleがアジア市場を二分

8地域横断 ブランド評価調査「ブランド・アジア2012」

  • 上野 友子

バックナンバー

2012年4月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、アジア8地域横断ブランド評価調査プロジェクト「ブランド・アジア2012」の結果をまとめ、4月20日に発表した。

 この調査では、インド、インドネシア、タイ、ベトナム、中国、日本、韓国、台湾の8地域の一般消費者に対してアンケートを実施した。全8地域で共通の60のグローバル・ブランドを評価対象とし、各ブランドに対する評価を横並びで把握することを可能にした。同時に、ローカル・ブランドを中心とする40ブランドを各地域で選定し、これらとグローバル・ブランドとの比較も実施した(中国はグローバル・ブランドのみを調査対象として実施)。

 調査には、日経BPコンサルティングが12年にわたって実施している日本のブランド評価プロジェクト「ブランド・ジャパン」の仕組みを採用し、各ブランドの総合力スコアを算出、ランキング化した。

インドと東南アジアではNokia、東アジアではAppleが圧倒的優位に

 各国のブランド総合力ランキングを見ると、インド、インドネシア、ベトナムにではフィンランドの携帯電話端末メーカー「Nokia」が、また中国、日本、台湾では米「Apple」が首位に立った(表1)。

表1 Brand Asia 2012(8地域のブランド総合力トップ10)
画像をクリックすると全体のランキングがご覧いただけます

 同時に、Nokiaはタイで、Appleは韓国でそれぞれ2位となったが、その他の地域では中国でのNokiaの5位を除いて、それぞれトップ20位内にもランクインしなかった。結果として、インド・東南アジアではNokia、東アジアではAppleが圧倒的優位という、アジア地域における携帯電話・デジタル端末ブランドの勢力図が明らかとなった(図1)。

 Nokiaは携帯電話によって、インドおよび東南アジア市場におけるブランド力を構築した。一方、Appleは「iPad」、「iPod」、「iPhone」に代表される新製品によってブランド力を高めた。

 調査では、「アウトスタンディング(卓越)」、「イノベーティブ(革新)」、「フレンドリー(親しみ)」、「コンビニエント(便利)」の4つの因子に基づくブランド力も算出した。

 NokiaとAppleが上位に位置する地域においては、「アウトスタンディング」と「イノベーティブ」のポイントが高い点で共通している。時代を先取りするような「革新性」によって消費者のライフスタイルに変化を与えているというブランドイメージを明確に伝えたことで、高い評価を得た。また、「フレンドリー」と「コンビニエント」では、ほかのブランドに比べて、Appleのポイントは相対的に低い。逆にNokiaは、インドおよび東南アジアにおいてこれらのポイントが高く、この地域の消費者にとってより身近なブランドであるようだ。

コメント0

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員