• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界最大級の北京モーターショー開幕

最新鋭車を写真で紹介【1】

  • 田野倉 保雄

バックナンバー

2012年4月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月23日に中国・北京で「第12回北京国際自動車ショー(北京モーターショー)」が開幕した。米国を抜き、いまや世界最大の自動車市場となった中国。この大市場を狙い、地元の中国はもちろん、日米欧、韓国などから2000社以上が参加し、世界初公開のクルマや、電気自動車・ハイブリッド車などの環境対応車をこぞって展示している。会場内はクルマに対する大きな関心と熱気であふれ、コンパニオンの多さを見ても、かつての東京モーターショーを思い出させる雰囲気がある。その一端をご紹介しよう。

 ホンダのミドルクラスセダンのコンセプトカー「Concept C」。Cには「Cool」「Challenge」「China」の意味を込めた。龍をイメージし、個性的かつスポーティーなデザインを採用。商品企画は中国人が主体となって行い、開発では中国と日本のチームが協力した。このモデルをベースとした量産車を、2013年に広汽本田汽車が発売する予定。


 ホンダが中国市場をメインターゲットに開発したコンセプトカー「Concept S」。このモデルをベースとした量産車を、2013年に東風本田汽車が発売する予定。まず中国市場に投入し、その後、世界に展開する。Sには「Stylish」「Smart」「Surprise」の意味を込めた。このモデルではハイブリッドシステムを採用し、走りの楽しさと環境対応を両立する。


 ホンダがアキュラブランドとして展示した小型セダン「ILX」。今秋、中国で発売する予定。

コメント0

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監