• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自転車は体に悪い

性的能力の低下、排ガス被害、骨粗しょう症の原因に

2012年5月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自転車がブームだ。「健康によい」「環境にやさしい」「交通渋滞や駐車場不足を緩和する」と、多くの国で官民あげて自転車の普及に乗り出している。世界保健機関(WHO)は、世界の死亡原因は「運動不足」が喫煙に次いで2番目だとして自転車利用を推奨する。だが、近年自転車は男女とも性器への影響が大きいとする警告がいろいろと報告されている。自転車は結構ずくめではないらしい。

人気をよぶ自転車

 英国で自転車や徒歩の移動を推進する団体「サストラン」は、自転車は購入などに1を投入すると、医療費や交通費の削減など20倍の恩恵が得られるという報告書を発表した。自転車は徒歩に比べてエネルギー効率は3~4倍も高く、速度は4倍も速い。とくに、最近のガソリンの値上がりも、ブームの追い風になっている。 

 低迷気味だった世界の自転車市場は2009年以来、毎年10%を超える勢いで拡大し、過去20年間で倍増した。年間1億数千万台が生産され、世界で10億数千万台が使われて庶民の足として定着している。人類の数人に1台は保有していることになる。

 人口100人当たりの自転車保有台数は、自転車統計要覧(調査年は1998~2008年まで各国バラバラ)によると、トップがオランダの109台。全国民が1台以上もっていることになる。ちなみにオランダは自転車泥棒の発生率でも世界最高だ。

 ついで、ドイツの85台、デンマークの78台、ノルウェーの69台。日本は68台でウェーデンとともに5番目になる。保有台数でみると、人口が多い中国が当然トップで4億5000万台を超え、これに米国、日本、ドイツ、インドがつづく。

 自転車ブームは、さらに電動自転車へ引き継がれようとしている。自転車業界の調査機関「バイクリサーチ」の予測によれば、2012年の電動自転車の販売台数は世界で3000万台を超える見通しで、市場は2012年から2018年の間に年平均7.5%の割で拡大し、2018年には4700万台を超えるという。

自転車はセックスの敵か

 米国では、警察官、救急隊員など約4万人の男性公務員が長時間自転車に乗っている。大都市の交通渋滞が深刻化するにつれて、緊急業務の自転車利用がますます増えている。彼らの間から、さまざまな性的トラブルが報告されている。とくに、毎週25時間以上も乗る人には、「性器が鈍感になった」「勃起しにくくなった」「睾丸(こうがん)が慢性的に痛む」など性的な能力低下の苦情が多発している。

「「地球危機」発 人類の未来」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長