• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日銀は「コップの中のクジラ」

REIT市場に再生のチャンスはあるか

2012年5月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内REIT(不動産投資信託)市場にとっては、久々の明るいニュースとなるはずだった。

 4月26日、国内REITとして約4年半ぶりの新規上場となるケネディクス・レジデンシャル投資法人が上場した。長らく新規上場がなかったREIT市場の転機を期待させる話題として機関投資家の注目を集めたが、上場日に付けた初値は公募価格(19万円)を下回る18万1900円。その後も投資口価格(株価に相当)は軟調に推移し、約3週間たった5月18日現在も、終値で公募価格を下回ったまま。「結果的に、REIT市場は未だ低迷を脱しきれていない印象を強めた」という落胆が、機関投資家の間に広がっている。

 日本のREIT市場は、2001年9月に市場が誕生した。世界の投資マネーがREITに潤沢に流れ込み、活況を呈した時代があったが、それも今は昔。2007年5月31日に東証REIT指数は2612.98のピークをつけたが、直後のリーマンショックから急落、2009年以降は1000を割り込む状況が続いている。5月18日の終値も、915.85で終わった。

日銀が握るREITの命運

 山高ければ谷深し。過去の活況を取り戻せないREIT市場を今、実質的に支えているのは日本銀行だ。

 2010年12月、日銀は景気対策の一環として総額35兆円(当初)の資産買い入れを開始。REITには500億円の買い入れ枠を設定した。日銀が率先して購入することで、他の投資家の呼び水となることを狙った施策は当たり、REIT指数は約30%上昇した。ここまではよかった。そのまま市場が自律的な回復に向かうことを日銀は望んでいたはずだが、皮肉にもこの結果がREITの日銀依存を強めた。

 2012年3月に発生した東日本大震災後には、日銀は資産買い入れ枠を500億円から1000億円に増額し、急落したREIT市場を支えた。さらに同年8月に勃発した欧州債務危機でも、買い入れ枠を100億円積み増し、1100億円とした。現在では、買い入れ枠は1200億円にまで膨らんでいる。

 日銀頼みのREIT。ここ2年の市場の動きによって、REIT市場は、日銀の動きで大きく相場が変動する特殊な市場の印象を強めてしまった。市場関係者は、「REIT市場における日銀は、まるでコップの中のクジラのよう」と自嘲的に語る。言い換えれば、日銀の買い入れがなければ、今のREITは投資家の関心が極めて薄い市場になりつつある。

コメント1

「Movers & Shakers」のバックナンバー

一覧

「日銀は「コップの中のクジラ」」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)