• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「デート」「リア充」「プロム」、中間発表では3チームとも撃沈

第3回:すでにチーム内闘争も始まった

2012年5月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 またかと言われそうですが、トライアスロンの大会に出場するため、ホノルルへ来ております。アウディプロジェクトを推進するため、血の涙を流しながら知恵を絞る慶応大学キムゼミの学生諸君。頑張ってください。みなさんの努力は必ず報われる日が来ます。遠くホノルルの地より応援いたします。たくさんのワガママな著者を抱えて発狂寸前の編集Iさん。ご苦労様です。おみやげを買っていきますので楽しみにしていてください。

 実は昨年12月に西オーストラリアで開催されたアイアンマン(バカみたいに長いトライアスロンのレースです)に出場して以来、一種の“燃え尽き症候群”のような状態に陥ってしまい、ここ数カ月、今ひとつ気分をアゲることができずにいました。そのためロクにトレーニングにも取り組まず、当然の結果として先月の石垣島の大会では非常に不甲斐ないタイムを出してしまいました。

 そこでようやく「これではイカン」と発奮して、最近は地味ながらもコツコツと軽めのトレーニングを積んでいたのです。その結果が吉と出たようで、今回は2時間27分16秒とまずまずのタイム。1200人ほどが出場する大会で、総合111位。エイジは6位、とまずまずの結果となりました。

 今年は国内であと3試合ほど出場する予定があります。どこかの大会でエイジ入賞できるよう、研鑽していこうと存じます。

 さて、ホノルルです。大会前日の食事会は大変美味しいSouth king通りの某中華料理屋で開かれました。当然支払いジャンケンです。金額はご覧の通り。負けたら死にます、即死です。我らがリーダー本田直之氏。伝票を見て青ざめております。彼がいつも負けてばかりではいくらなんでも可哀想なので、今回は男勝ち、つまり“勝ったほうが負け”という特別ルールで行われることとなりました。

伝票を見て青ざめる本田直之氏。これは厳しい。しかし彼は大抵負けるから今回こそは大丈夫でしょう。“負けるが勝ち”の特別ルールです
何と!普段通り負ければ良いのにムダに勝ってしまった本田直之氏。泣いております。嘆いております。Alapaの皆さまは当然大喜び。ご愁傷様です。心中お察し申し上げます

コメント30件コメント/レビュー

彼ご班 が試乗に行き、オーナーに話を聞きに行く事にした点に光を感じます。自分たちが知らない事を知っている人に聞いてみる。好奇心と意欲を持つ人として、当たり前の事ですが。仮説を立てて実直にやってみる。今後も続けてみて欲しい。全班共通。都内で一生を終えるつもりなので(と言っているように聞こえます)車なんて必要ない、という思考。井の中の蛙です、小さすぎます。 日本中だけでも魅力的な物事はたくさんあります。画面を眺めるだけで本当に満足したつもりなら、社会に出て生きていけません。お望みの一生は得られません。この企画と学生に期待しています、応援しています。(2012/05/26)

「慶大生と「走りながら考える」」のバックナンバー

一覧

「「デート」「リア充」「プロム」、中間発表では3チームとも撃沈」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

彼ご班 が試乗に行き、オーナーに話を聞きに行く事にした点に光を感じます。自分たちが知らない事を知っている人に聞いてみる。好奇心と意欲を持つ人として、当たり前の事ですが。仮説を立てて実直にやってみる。今後も続けてみて欲しい。全班共通。都内で一生を終えるつもりなので(と言っているように聞こえます)車なんて必要ない、という思考。井の中の蛙です、小さすぎます。 日本中だけでも魅力的な物事はたくさんあります。画面を眺めるだけで本当に満足したつもりなら、社会に出て生きていけません。お望みの一生は得られません。この企画と学生に期待しています、応援しています。(2012/05/26)

実は私も学生時代には車に興味がまったくありませんでした。免許をとったのも院生の2年のときです。これも学生のみなさんと同じ意見で「その必要性を感じていなかったから」です。社会人になって数年が経ちました。今は、車が大好きです。ずっとドイツ車を乗り継いでいます。「なんで変わったのかなぁ?」と考えてみました。?見た目がきれい。あきないデザイン。→知らない人にも声かけられ、話をするのが楽しい。?女性受けもいい。?日本人でも外国人でも、上司と話に詰まった時、車の話を出せば、たいてい乗り切れる。?やっぱり「動くものを操る」のは楽しい!?「きちんとメンテナンスすれば、きちんと応えてくれる」という機械いじりの楽しさ。他人により「楽しさ」を感じる箇所は違うと思いますが、まずこの部分を特定させて、その「橋渡し」となるような企画を考えてみてはどうでしょうか?難しい企画で大変だと思いますが、ぜひ頑張ってください。(2012/05/26)

やはりこの企画は無理があるのではないでしょうか?車に興味が無い若者に広告代理店に負けない企画が作れるわけがありません。Audiがどういう歴史を持った車かも分かってないし、ヨーロッパの文化を学ばないと理解できないのでは無いでしょうか。Dominoさんは高い教養を持ってるようですが、知識が偏ってます。夏目漱石もいいですが、60年代のフランス文学や映画(例えば、男と女)でも見て、車文化を理解してほしいものです。(2012/05/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長