• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

原油高を追い風に積極投資を打ち出す湾岸諸国

増える成人病、日本の医療機関もドバイに進出

  • 畑中 美樹

バックナンバー

2012年5月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

IMFは4.2%と予測する中東の2012年成長率

 国際通貨基金(IMF)は、2012年4月17日、同年春季版の「世界経済見通し」を発表し、中東・北アフリカ諸国の2012年の実質GDP成長率が4.2%と2011年の3.5%から上昇すると予測した(表1)。

表1 中東・北アフリカ諸国の実質GDP成長率の見通し

  •  
  • (単位:%)

  2011年(実績) 2012年(予測)
中東・北アフリカ諸国 3.5 4.2
うち、石油輸出国 4.0 4.8
石油輸入国 2.0 2.2

 そのIMFのマスード・アフメド中東・中央アジア局長は、5月1日、ドバイにおいて「中東・北アフリカ:緊張下の歴史的移行」との題名で同見通しに基づく中東・北アフリカ諸国の今後の経済情勢について解説した。

 現地からの報道によると、まず同局長は、2012年の中東では石油輸出国が実質GDP成長率を前年の4.0%から4.8%へと、また石油輸入国も2.0%から2.2%へとそれぞれ回復するとの見通しを明らかにした。但し、石油輸入国の成長率は、雇用の創出と外貨の獲得にとり重要な観光産業や民間投資の回復が社会不安の継続などで緩やかなものとなったり、或いは高水準の原油価格が続いた場合には引き下げられる恐れがあると指摘している。

 実際、2011年の中東の観光産業は「アラブの春」により不振を極めた。国連世界観光機構(UNWTO)によれば、2011年の世界各国への平均来訪者数が2010年に比べて4%増となるなか中東は8.8%の下落に終わっている。若年層を中心とする失業問題の深刻化する中東諸国にとって、貴重な外貨獲得手段の一つである観光業の不振は響いた。例えば、チュニジアの場合、国内総生産(GDP)に占める観光業の比率が8%、観光部門での雇用者数が約40万人に達しているだけに落ち込みは経済全体にとって痛手となっている。

 但し、「アラブの春」で打撃を受けた中東・北アフリカ諸国だが観光客は徐々に戻り始めている。「世界のホテル産業の動向を追っているSTRグローバル(本部:ロンドン)によれば、中東・北アフリカ諸国の2012年3月のホテル客室占拠率は65.1%と1年前に比べて14.6ポイントも上昇している。65.1%という数値は欧州や米国よりも高い数字である」と現地ではニュースで報じられている。

 話を中東・北アフリカ諸国の2012年の経済予測に戻せば、マスード・アフメドIMF中東・中央アジア局長は、石油輸出国のなかでも特にサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などの6ヶ国で構成する湾岸協力会議(GCC)諸国の経済が好調に推移すると分析している。因みに、IMFはGCC諸国の2012年の実質GDP成長率は、リビアやイラクなどによる産油量の回復でやや落ち込むとしても5.3%にはなると予測している。

コメント0

「中東ビジネスの最先端」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

このままじゃ、高級魚のクロマグロばかりでなく、より身近なマグロのメバチやキハダもいなくなる。

高松 幸彦 マグロ一本釣り漁師