• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

IT技術者への需要が、西葛西にインド人街を生んだ

東京にも“ガンジス川”が存在する!?

  • 藤巻 秀樹

バックナンバー

2012年6月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人口減少社会を迎え、停滞感と閉塞感が強まる平成日本。

 一部で移民受け入れ拡大論が高まるものの、政府は依然として厳しい移民制限政策をとっている。だが、移民は単に労働力不足の穴埋めをする存在にとどまらない。その異質な文化や多様性が、日本経済を活性化するのではないのか。

 実際、約40万の外国人が住む国際都市・東京で、移民の多い街はどこも活気にあふれている――コリアタウンの新大久保、新華僑の店が並ぶ池袋北口。そこには高度成長時代の日本があると言ってもいい。

 国際化、グローバル化が叫ばれるものの、我々は日本に住む身近な外国人のことを案外知らない。彼らは何を求めて日本に来たのか。日本でどんな暮らしをしているのか。また、我々は隣の外国人と仲良く暮らすことができるのか。

 この企画では毎回、外国人の多いエスニックタウンを歩き、そこで暮らす人々の話を聞き、東京の移民事情をリポートする。外国人の目に平成の日本はどんな姿に映るのだろうか。移民は現在の日本を映す鏡でもある。移民街を探訪することで、これからの日本を考えてみたい。また日本に住む移民の話から、彼らの祖国はもちろん、今の世界が見えてくるはずだ。

 東京の東端、江戸川区の西葛西に日本最大のインド人コミュニティーがあるのをご存知だろうか。地下鉄西葛西駅近くにある3カ所のUR(都市再生機構)賃貸住宅や民間マンションを中心に約2000人ものインド人が住んでいる。日本におけるインド国籍の外国人登録者数は約2万2000人。その1割がここに住む。

 もっとも、西葛西に来て、ここにインド人街があると気づく人はよほど注意深い人だろう。なぜなら、インド人住民の大半は都心に通うIT(情報技術)技術者で、昼間は姿が見えないからだ。ところが最近、ここに紛れもなくインド人コミュニティーが存在することを証明する施設が現れた。

 西葛西駅からバスで10分の船堀2丁目。白い建物の扉を開いて中に入ると、正面に祭壇があり、男女一対の彫像が並んでいた。向かって左の男性がインド神話に登場するクリシュナ神、右の女性がその愛人のラーダ神だという。ヒンズー教寺院「イスコン・ニューガヤ・ジャパン」である。

ヒンズー教寺院の「イスコン・ニューガヤ・ジャパン」

 訪れたのは4月22日の日曜日。午前中から三々五々、インド人が現れ、祭壇に向かって祈りを捧げる。美しい旋律が奏でられ、全員が立ち上がってクリシュナを讃える歌を合唱し始めた。訪れたインド人男性は「これまでは祈る場所がなかった。ここに来ると、心が安らぐ」と話す。

 建物は2棟建て。寺院がある棟は1階が礼拝所で、2~3階が宿舎だ。もう1棟は1階がベジタリアン専門のインド料理店、2階がカルチャーセンターになっている。江戸川インド人会が中心になり、在日インド人約1万人から寄付を集め、建物と土地を購入。2011年6月に内部を改装して寺院に造り変えた。ヒンズー教寺院は、同教徒が多いインド人の精神的支柱で、各種行事をする上で欠かせない施設だ。6年前に江戸川区内に開校したインド人学校「グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール(GIIS)」に続く、西葛西のインド人待望の施設だ。

コメント0

「東京移民街探訪~すぐ隣にある異国を歩く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長